【ルヴァン杯】ブラジル人コンビの2発で広島が快勝! 札幌は福森晃斗の“黄金の左足”炸裂など3-0で白星発進!|Cグループ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月16日

広島、札幌ともにアウェーで貴重な勝点3!

貴重な先制弾を決めた広島のD・ヴィエイラ(写真中央/背番号9)。写真:田中研治

画像を見る

 2月16日、ルヴァンカップのグループステージ第1節がリーグ開幕に先駆けて各地で開催された。Cグループでは横浜FC対サンフレッチェ広島、サガン鳥栖対北海道コンサドーレ札幌の2試合が行なわれた。
 
 ルヴァンカップへと名称変更後の対戦は初となる横浜FCと広島の試合では、立ち上がりから広島が主導権を握る。前線のブラジル人コンビが強靭なフィジカルでボールを収めてチャンスを作ると25分、左サイドからのクロスを逆サイドでハイネルが折り返し、ゴール前で反応したドウグラス・ヴィエイラがダイビングヘッドで決めて先制に成功する。前半の横浜FCは、武田英二郎が膝を痛めて途中交代を余儀なくされるなど、不測の事態に苦しめられる。
 
 広島はさらに47分にも、最終ラインからの縦パスをインターセプトした森島司がすぐさま前線にスルーパスを供給すると、これをレアンドロ・ペレイラが角度のないところから決めて追加点を挙げ、2-0の白星スタートを決めた。
 
 一方、鳥栖のホームに札幌が乗り込んだ一戦は、14分に左CKから福森晃斗の精度の高いクロスに、中央で競り勝ったジェイが、高い打点のヘッドでしっかりと合わせて、ネットを揺らし札幌が先制する。徐々に勢いが増してきた鳥栖のリズミカルなパス回しを受けて、危険なシーンを何度も作られるも、身体を張った守備で守り抜く。

 そして、81分にも福森が得意のFKからニアサイドを的確に射抜き、“黄金の左足”が炸裂。90+2分にも鈴木武蔵が高い位置で奪ったボールをそのまま反転シュートでゴール右隅に決めてダメ押しゴールを決め、札幌が3-0の快勝を収めた。
 
 この結果、初戦終了時点で、ともに快勝した札幌と広島が1位、2位の好発進を切っている。次戦は26日に、ホームで広島は札幌と、鳥栖ホームで横浜FCと対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ