AFCが神戸FW小川慶治朗をACL開幕節の“MVP”に選出!カリージョ、イニエスタ、遠藤渓太らを抑えトップ評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月14日

2アシストのイニエスタは3位、1ゴールの遠藤渓太は4位に

ACL開幕戦で3ゴールを挙げる活躍を見せた小川。写真:徳原隆元

画像を見る

 AFC(アジア・サッカー連盟)は2月14日、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)開幕戦のMVPにあたるプレーヤー・オブ・ザ・ウィークを発表し、ヴィッセル神戸の小川慶治朗がトップ評価を得ている。

 クラブ初参戦となるACLの開幕戦、ジョホール・ダルル・タクジム戦で小川は13分の先制点を皮切りに、ハットトリックの大爆発を見せた。AFCは「3本の枠内シュートで3つのゴールを決めるなど印象的な活躍を見せ、チームメイトには3つのチャンスをつくり出した」と小川のパフォーマンスを評価。さらには35本のパスを放って83%を成功させ(敵陣では77%の成功率)、2つのデュエルに勝利。9.1の評価ポイントを得たしたとしている。

 また2位に選出されたのは、昨季決勝で浦和レッズを破って優勝したアル・ヒラル(サウジアラビア)のペルー代表アタッカーのアンドレ・カリージョ。1得点・1アシストの活躍でチームを2-0の勝利に導き、8.8ポイントを獲得している。

 さらに3位に選出されたのは、小川の3得点のうち、2つのゴールをアシストしたアンドレス・イニエスタだ。AFCは「ミッドフィールドのマエストロは、チームメイトに6つのチャンスを創出。59本のパスを供給して92%の成功率、敵陣で84%の成功率だった」としている。評価ポイントは8.4とされている。

 その他、韓国王者の全北現代戦で先制点を挙げ、勝利に貢献した横浜F・マリノスの遠藤渓太が8.2で4位評価、ジョホール戦で勝ち越しゴールを挙げた神戸の古橋亨梧が7.8で6位の評価となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 
【関連記事】
【セルジオ越後】1点も獲ってないイニエスタがなんで主役扱い? ヴィッセルを判断するのは次の日韓対決だ
「アジアが酔いしれた!」「異次元の天才」イニエスタ、圧巻のACLデビューを海外メディアがこぞって大絶賛!
【ACL採点&寸評】神戸5-1ジョホール|イニエスタ、超絶パス連発で極上の輝き!3発ゲットの小川とともに最高評点に
「自分の決定力を証明できた」初参戦のACL初戦でハットトリックの大爆発!小川慶治朗が神戸を5発大勝に導く
魅惑のパス連発! イニエスタの存在感を際立たせた“システム変更”。フィンク監督が意図した狙いは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ