AFCが神戸FW小川慶治朗をACL開幕節の“MVP”に選出!カリージョ、イニエスタ、遠藤渓太らを抑えトップ評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月14日

2アシストのイニエスタは3位、1ゴールの遠藤渓太は4位に

ACL開幕戦で3ゴールを挙げる活躍を見せた小川。写真:徳原隆元

画像を見る

 AFC(アジア・サッカー連盟)は2月14日、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)開幕戦のMVPにあたるプレーヤー・オブ・ザ・ウィークを発表し、ヴィッセル神戸の小川慶治朗がトップ評価を得ている。

 クラブ初参戦となるACLの開幕戦、ジョホール・ダルル・タクジム戦で小川は13分の先制点を皮切りに、ハットトリックの大爆発を見せた。AFCは「3本の枠内シュートで3つのゴールを決めるなど印象的な活躍を見せ、チームメイトには3つのチャンスをつくり出した」と小川のパフォーマンスを評価。さらには35本のパスを放って83%を成功させ(敵陣では77%の成功率)、2つのデュエルに勝利。9.1の評価ポイントを得たしたとしている。

 また2位に選出されたのは、昨季決勝で浦和レッズを破って優勝したアル・ヒラル(サウジアラビア)のペルー代表アタッカーのアンドレ・カリージョ。1得点・1アシストの活躍でチームを2-0の勝利に導き、8.8ポイントを獲得している。

 さらに3位に選出されたのは、小川の3得点のうち、2つのゴールをアシストしたアンドレス・イニエスタだ。AFCは「ミッドフィールドのマエストロは、チームメイトに6つのチャンスを創出。59本のパスを供給して92%の成功率、敵陣で84%の成功率だった」としている。評価ポイントは8.4とされている。

 その他、韓国王者の全北現代戦で先制点を挙げ、勝利に貢献した横浜F・マリノスの遠藤渓太が8.2で4位評価、ジョホール戦で勝ち越しゴールを挙げた神戸の古橋亨梧が7.8で6位の評価となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ