「自分の決定力を証明できた」初参戦のACL初戦でハットトリックの大爆発!小川慶治朗が神戸を5発大勝に導く

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月12日

「まだまだ得点できたシーンもあったし、そっちの悔しさの方が大きい」とも

ACL初戦でハットトリックを達成した小川。チームを白星スタートに導いた。写真:田中研治

画像を見る

 記念すべきクラブ史上初参戦のACLの初戦で、アカデミー育ちのストライカーがハットトリックの大爆発を見せた。

 ヴィッセル神戸は2月12日、ACLグループステージの初戦でマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムをホームに迎え、5-1の大勝を飾った。この試合の主役となったのは、地元兵庫出身でアカデミー育ちの小川慶治朗だ。

 まずは13分にアンドレス・イニエスタからのスルーパスに反応し、ループショットで先制点。後半に入り58分には、酒井高徳からのラストパスを押し込み2点目。さらに72分には再びイニエスタからのクロスを頭で押し込み、3点目をゲットした。

 このハットトリックの爆発ぶりには本人も「ハットトリックできたのは嬉しいですし、自分の決定力を証明できたと思う」と手応えを得た様子だ。ただし「まだまだ得点できたシーンもあったし、そっちの悔しさの方が大きい」と、ゴールへの貪欲な姿勢も垣間見せた。

 さらに、クラブとして初参戦となるACLへの抱負を問われたヒーローは、「ずっとクラブが掲げている目標がアジアチャンピオンなので、出場するだけじゃなくタイトルを獲るという強い気持ちを持って戦う」と、高みを目指す決意も示している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】神戸5-1ジョホール|アジア制覇へ大勝スタート! イニエスタ、小川が躍動!!
【関連記事】
「神戸で歴史を作りたいと…」イニエスタがバルサからの復帰オファーを固辞!愛する古巣の誘いを断った理由は?
神戸、初参戦のACLで5発大勝スタート!イニエスタは異次元パス連発で小川のハット演出!!
神戸がACL初戦へ、ジョホール戦スタメンを発表!イニエスタ、ドウグラスが先発、山口蛍がまさかの欠場
「自分のベストのプレーを皆さんに見せる」神戸主将・イニエスタが“挑戦”の新シーズンへ意気込み!
【セルジオ越後】負けても期待を抱かせたのはマリノス!ただ9人連続PK失敗はお粗末すぎる…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ