2020年Jリーグ開幕直前スペシャル企画!!坪井慶介氏、巻誠一郎氏によるtotoをさらに楽しむためのJリーグ開幕展望

カテゴリ:PR

Jリーグ

2020年02月13日

2月21日にJ1、23日にはJ2の開幕戦が行なわれる

巻さんは2018年に、坪井さんは2019年に現役を引退。ともにJリーグ、日本代表で活躍した。

画像を見る

 いよいよ開幕する2020年のJリーグ。ともにJリーグ、日本代表で活躍した坪井氏、巻氏に今シーズンの展望と開幕戦の見どころを解説してもらうスペシャル企画。

 さらには「toto」と一緒にJリーグをもっと楽しむために元選手の目線から予想に役立つ貴重なアドバイスを聞いた。

ーーーーーーーー
■坪井さんの今シーズンの展望を聞かせてください

 得点力の高いチームよりも守備が安定していて失点の少ないチームが上位グループに入る傾向があるので、今年も守備力がポイントになるのではないかと思います。

 今年は東京五輪があり、大舞台への出場を目指す若手選手たちが所属チームでのアピールだけでなく、代表メンバー入りを賭けて、開幕戦からアグレッシブなプレーが見られると期待しています。その点では、開幕までの準備期間に高いモチベーションで臨んでいる若手選手たちが上手くフィットできたチームが良いスタートを切れるのではないかなと思います。

 チームとしては、浦和レッズとレノファ山口がやっぱり気になりますね。橋岡大樹選手には浦和を引っ張って行ってほしいです。レノファ山口では池上丈二選手のボールコントロールとゴールを演出するパスセンス。運動量にも注目してほしいですね。

■巻さんの今シーズンの展望を聞かせてください

 今年のACLには横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸の3チームが出場します。どのチームもアジアでの戦いにあまり慣れていないチームなので、遠征での疲労や試合日程の影響を受けそうです。そのため、昨年よりも優勝争い、残留争いともに今年の順位から大きく変動しそうだなと思っているので、ACLの負担がない川崎フロンターレ、鹿島アントラーズに注目しています。

 J2では監督が継続しているクラブが上位になるのではないかと思いますが、中断期間や連戦の影響でプレーオフを含めて予想がすごく難しいシーズンになりそうです。

 注目チームはセレッソ大阪ですね。昨シーズン序盤は不安定な印象でしたが、中盤以降は組織的で失点も少なく、安定感があったので今シーズンは期待ができます。課題の得点力は西川潤選手ら、若い選手のブレイクが楽しみな要素です。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ