鮮烈デビューを飾ったトッテナムのオランダ代表FW、移籍のために巨額のボーナスを放棄?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年02月05日

今シーズン終了までPSVに残留していれば…

本職はウイングで、CFとしても機能するベルフバイン。故障離脱中のケインの穴を埋められるか。(C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグデビュー戦で鮮やかなボレーシュートを叩き込み、強烈なインパクトを残したのが、今冬にトッテナムに加入したステフェン・ベルフバインだ。

 現地時間2月2日のマンチェスター・シティ戦で、先発出場したベルフバインは、63分にルーカスからの浮き球を胸トラップして右足を一閃。名手エデルソンの牙城を破り、ゴール右隅へ先制ゴールを決めた。

 今冬に3000万ユーロ(約37億5000万円)で加入したオランダ代表FWは、指揮官のジョゼ・モウリーニョに「ファンタスティック」と絶賛されるなど、早くも実力の片鱗を見せつけた。

 イギリス紙『デイリー・ミラー』はこのデビュー戦での活躍に加え、こんなエピソードを伝えている。
 
 ベルフバインは今シーズン終了までPSVに残留した場合、672万ユーロ(約8億4000万円)の巨額のボーナスを受け取ることになっていた。だが、それには目もくれず今冬でのトッテナム移籍をクラブに志願していたという。

 また、移籍のためにPSVの練習や試合への参加を拒否したという報道には、PSVのヨン・デヨングSDが「彼がプレーを拒否することはなかった」ときっぱり否定しており、円満移籍だったとコメントしている。

 お金よりも自身の成長を優先し、スパーズ行きを決断したベルフバイン。鮮烈なデビュー弾とともに、スパーズ・ファンの心を掴んだに違いない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ