「ガクの下で生まれ変わった」新監督就任で復調したデポル、柴崎岳を“再生のキーマン”として現地紙が大絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月30日

監督交代後、怒涛の4連勝

新監督の信頼を勝ち取り、3試合連続フル出場を続けている柴崎。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 今夏にスペイン2部のデポルティボに加入したのが、日本代表MFの柴崎岳だ。当初はレギュラーとしてプレーしていたものの、成績不振で指揮官のファン・アントニオ・アンケラが解任され、ルイス・セサル監督が就任すると、出番が激減。チームも長らく最下位に低迷し、苦しい時期が続いた。

 だが、L・セサルも解任され、フェルナンド・バスケス新体制になると流れが一変。1月4日に行なわれた第22節ヌマンシア戦の白星を皮切りに破竹の4連勝(L・セサル政権の最終戦を含めると5連勝)を飾り、25節終了時には17位まで浮上し、降格圏を脱出した。

 現地紙『La Voz de Galicia』はこの好調ぶりについて、「再生されたデポルティボは、他のチームにはいないガク・シバサキというモーターを搭載している」と評し、「バスケスが復活させ、評価したシバサキの下、チームは生まれ変わっている」と22番を名指しで称えている。

 また、同紙は、バスケス監督が柴崎に全面的な信頼を寄せている証として、記者会見でのコメントを紹介している。

「彼は日本代表のブレーンであり、テネリフェ、ヘタフェでもアイデアに溢れたプレーヤーだった。才能は失われているのではなく、隠れていただけだ。おそらくベストパフォーマンスからはまだ遠いが、クオリティーについて疑う余地はない。彼がくすぶっていた場所から抜け出し、その才能を発揮できるように成長してほしいと願っているし、そうしたい。私はガクを信じている」

 新監督の信頼を勝ち取った柴崎は、故障から復帰した1月16日のラシン戦から3試合連続で先発フル出場。快進撃のまさに原動力となっている。

 称賛されているのは、ピッチ内のパフォーマンスだけではない。クラブのスタッフであるハビ・レゴ氏が、「ここ何年もの間、ガクのように自分でスパイクを磨く選手を見たことがない」と証言。本人にそれを伝えたところ、「日本ではこれが普通だから」と笑って返答したというエピソードを紹介している。柴崎のプロ意識の高さは、チームに少しずついい影響をもたらしているという。

 デポルティボは2月1日に、現在リーグ9位のラス・パルマスと対戦する。生まれ変わったチームは、快進撃を続けることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ