リバプール、英3部下位チームに“まさか”のドロー! 南野拓実は2度目の先発も存在感を発揮できずに…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月27日

2点をリードしながら…

3トップの中央で先発起用された南野だったが、存在感を示すことができなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間1月26日、FAカップ4回戦が開催され、リバプールは敵地で、英3部のスリューズベリと対戦した。

 3日前に行なわれたウォルバーハンプトン戦(プレミアリーグ第24節)からスタメンを大幅に変更してこの一戦に臨んだリバプール。3回戦のエバートン戦で移籍後初出場を飾っていた南野拓実は、この試合でも4-3-3の3トップの中央で先発起用された。

 試合は立ち上がりから、地力に勝るリバプールが、守勢に回って自陣にブロックを構えたスリューズベリを一方的に攻め込む展開で進む。そして、アウェーチームは14分にあっさりと先手を取る。チリベジャの絶妙なスルーパスに反応して、相手ゴール前に抜け出したC・ジョーンズが冷静にゴール右下隅へと蹴り込んだ。

 均衡が破ってからもボール支配を続けたリバプール。そのなかで南野は、自陣に近くまで下がりながら、ビルドアップ絡みつつ、フリースペースを生み出すなど、献身的なプレーを披露。しかし、敵ゴール前では味方との細かい連係が合わないシーンも見られた。

 その後、目立ったシーンはほとんど見られなかった試合は、危なげなくゲームを推し進めたリバプールが1-0とリードして前半を終了した。

 迎えた後半、試合は思いもよらない形でスコアが動く。46分、右サイドを攻め上がったリバプールがN・ジョーンズが相手ゴールへクロスを供給。これをスリューズベリのDFラブが、ゴールへと蹴り込んでしまって、オウンゴールを献上したのだ。

 開始早々に相手のミスから追加点をもぎ取ったリバプールは、その後はややペースを落として時間を消費していく。しかし、諦めずに追い上げにかかるスリューズベリの反撃を受けると、65分にラルーシがPKを献上し、これカミングスに決められて1点差に迫られてしまう。

 1点差にして、俄然やる気の増したスリューズベリは、75分についに同点弾を決める。GKのオレアリーのロングキックを相手CBロブレンが処理を誤ると、これをカミングスが拾って、冷静にシュートを沈めた。

 2点差を追いつかれてしまったリバプールは、79分にCBのマティプに代えて大黒柱のサラー、さらに85分には南野を下げて、ナンバー9のフィルミーノと矢継ぎ早に主力を投入して波状攻撃を仕掛けたが、勝ち越し点を奪えずにタイムアップの瞬間を迎えた。

 3部で16位に沈みながらも大健闘したスリューズベリに足下をすくわれ、2-2のドローに終わったリバプール。その結果、世界王者は、過密日程に苦しむなか、アンフィールドでの再試合を戦う羽目となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ