「高度なスキルを持つ選手。だが…」堂安律の前半戦をオランダ紙が評価! 課題に挙げられたのは…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月23日

「来季は間違いなくMFの主力となる」

昨夏に名門PSVに加入した堂安。後半戦の爆発に期待がかかる。 (C) Getty Images

画像を見る

 ヨーロッパの主要リーグは、ウインターブレイクが終了し、続々と再開している。そんななか、オランダの全国紙『Algemeen Dagblad』は、名門PSVが昨夏に獲得した新戦力について、シーズン前半戦の評価をしている。

 同紙でPSVの番記者を務めるマーテン・ウィフェルス記者は、「PSVの夏の買い物は悲しく、決して高く評価できるものではない」としながらも、「フロントや監督が彼らを無駄にしている。もっとの力を引き出すための努力が必要だ。そうせねばならないだろう?」と起用法について、批判的な意見を綴った。

 フローニンヘンから完全移籍を果たした当初はベンチスタートが続いたものの、少しずつ出番を増やし、リーグ戦15試合で3ゴール(全公式戦では20試合で3ゴール・3アシスト)という結果を残した堂安については、このように評している。

「高度なスキルを持ち、とてもクオリティーが高い。他の選手にとって手本となるメンタリティーを持っているが、得点があまりにも少ない。11月末のフォルトゥナ・シッタルト戦以降、ネットを揺らしていない。

 得点力が少ないことは、日本語でいったい何と言えばいいのだろう? チームのためにも、彼自身のためにも、ゴールはさらに必要だ。もちろん、ドウアンがこれからピークを迎える成長著しい若者で、将来性を買われてPSVに引き抜かれたことは疑いようのない事実だ。チームも、彼にフィットするための十分な時間を与えている真っ最中といえよう。おそらく来季は間違いなくMFの主力となり、先発に名があるはずだ」

 1-1の引き分けに終わったウインターブレイク明け初戦のVVV戦は、堂安に出番が与えられなかった。現地時間26日に行なわれるホームでのトゥベンテ戦で2020年初出場を果たし、課題であるゴールを決められるか。ガンバ大阪の”後輩”中村敬斗との対決が実現するかも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ