「ランボルギーニが見るも無残な…」マンU守護神がガードレールに突っ込む壮絶事故もクラブは無事を確認

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月21日

練習場に向かう途上で凍結した路面に

クラッシュ事故を起こしたロメロ。クラブは本人の無事を確認したが、精密検査の結果が待たれる。(C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロが、九死に一生を得た。

 現地月曜日の早朝だ。自宅から練習場があるキャリントンに愛車で向かったロメロ。不運にも凍結した幹線道路でスリップしてしまい、愛車ランボルギーニがガードレールを突き破って木に激突するという大事故を起こしてしまう。

 英メディアが掲載した事故当時の画像を見る限り、クルマの前部と上部は完全にクラッシュしており、かなりの衝撃があったことが容易に想像できる。それでもマンUはロメロが自力でクルマから脱出し、幸いにも無傷だったとの声明を発表した。まさしく不幸中の幸いである。

『Mirror』紙は「17万ポンド(約2300万円)のランボルギーニがあっと言う間に見るも無残な姿になった」と報じ、『The Sun』紙は「ショッキングな事故が起こったが、ロメロは警察と話すなど自分で事後処理にも当たっていた」と伝えている。

 
 ロメロは今季もチームではダビド・デ・ヘアに次ぐ第2GKを務めており、主にカップ戦で出場機会を得てきた。事故前日の日曜日、マンUは敵地アンフィールドでのリバプール戦に0-2で敗北。ロメロはベンチ入りを果たしたものの、出番は巡ってこなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】マンU守護神・ロメロのランボルギーニが大破! ガードレールを突き破った末に…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ