「また同じピッチで」2年生CB藤原優大が何度も口にした最上級生への感謝。試合後に主将からは…【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2020年01月14日

敗戦後にキャプテン・武田からかけられた言葉とは

得意のヘッドで先制点を挙げた藤原。卒業する3年生への感謝を語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権決勝]静岡学園3-2青森山田/1月13日(月)/埼玉スタジアム2002
 
 令和最初の選手権、2連覇の懸かる静岡学園との決勝で、貴重な先制点を叩き込んだのが青森山田の2年生CB藤原優大だ。
 
 前半11分、センターライン付近の左サイドでFKから、キッカーのMF古宿理久(3年)がゴール前に山なりのロングパスを供給すると、そこに走り込んでいた藤原がヘディングで巧みにコースを変えてネットに流し込んだ。
 
「あそこからのFKの形というのは、今年1年間、シーズンが始まったときからずっと練習をしていた。その練習していた通りにボールが来て、ポジションもあそこに入るのを練習してきたので、結果に出て嬉しかったです」
 
 その後、もう1点を追加してリードを広げるも、相手に3点を返され涙を飲んだ。壮絶なバトルを終えた藤原が、試合後しきりに語ったのは、この大会を最後に卒業する3年生への想いだった。
 
「本当にチームを引っ張ってくれたりだとか、自分たちを高めてくれたりとか、最後きついときには3年生がいた。きついときに点を取ってくれたし、人間としての力があったなと思ったし、自分もやらなければならないと思いました」
 
 キャプテンとしてチームを引っ張っただけでなく、今大会4得点を記録するなど攻撃を牽引し、浦和レッズへの加入が内定しているMF武田英寿(3年)からは、試合後に「来年もやってくれ」と、ただ一言だけ声を掛けられたという。
 
「試合前にもこれが最後だと話していて、試合が始まる前から寂しさを感じた。最後に一緒にプレーできて本当に楽しかったし、だからこそ悔しいっていうのもあるんですけど、でも5年間一緒にやってきて、本当に感謝をしている。もし自分がプロになったとき、もし自分が(浦和)レッズに行くってなったとき、やっぱり同じピッチでもう一度仲間として、もちろん敵としてでもいいし、また同じピッチでプレーしたいです」
 
 3年生への感謝を何度も口にした藤原。「もっともっと成長しなければ」そう真剣な眼差しで語る姿に、来季は最上級生となり、チームを先頭で引っ張る覚悟が見えた。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】青森山田2-3静岡学園|2点ビハインドから大逆転!静岡学園が24年大会ぶり2度目の優勝!!

【選手権PHOTO】決勝戦を熱く見守った"超キュート"な女神、森七菜さん&三阪咲さん厳選特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ