【甲府|新体制】「十分な戦力が整った」。佐久間GMが語った編成のポイント…4バックへ移行の可能性も!?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年01月13日

編成のポイントのひとつに「4バックに対応できる選手構成」も。

ヴァンフォーレ甲府が新体制発表記者会見を行なった。

画像を見る

 ヴァンフォーレ甲府は1月12日、新体制発表記者会見を開いた。会見には藤原弘社長、佐久間悟ゼネラルマネージャー(以下GM)、伊藤彰監督やラファエルを除く新加入の8選手が参加した。

 佐久間GMは編成のポイントとして保有選手数の縮小(昨季31人→今季27人)、ポジション別の人員の適正化、4バックに対応できる選手構成、若返りと若手選手の出場機会創出を挙げた。

 ピーター・ウタカや佐藤和弘、小出悠太、曽根田穣ら昨季の主力が移籍したのは痛手だが、泉澤仁や松田力、藤田優人、ラファエルという即戦力を補強。佐久間GMは「十分に戦える戦力が整ったと手応えを感じている」と強気に語り、ファーストターゲットとして勝点70でのJ1参入プレーオフ進出を目標に掲げた。
 
 選手が大幅に入れ替わるなか、就任2年目の伊藤監督はポゼッションを高めたより攻撃的な戦いへの移行に強い意欲を見せた。「昨年の課題として中盤のゲームコントロールがあった。武器として持っている速い攻撃を伸ばしつつ、ボールを保持してより攻撃的に戦う」と高らかに宣言。指揮官が描くサッカーを体現するキーとなりそうなのが、新加入の野澤英之や武田将平、山田陸、中村亮太朗というボランチの選手。転換点を迎えたチームの浮沈の鍵を握る重要な役割を担うことになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
【関連記事】
【移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/22現在)
【甲府】堅守復活で「らしい勝ち方」。攻撃的サッカーの追求も物差しは“内容”より“勝点”だ
【甲府】ボール保持に“免疫”がなかったチームの改革は着実に進行中! 問題は「勝てなくなった時にどうできるか」だ
覚醒の予感漂う甲府の新星!宮崎純真がJ1昇格を狙うチームの「ジョーカー」に
先発平均年齢は30歳超、外国人FWを褒めたり怒鳴ったり…甲府を開幕8戦無敗に導いた指揮官のマネジメント力

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ