「大迫は英雄」「集中力の低下により…」サウジに敗れたU-23日本代表を、海外メディアはどう見たのか?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月10日

同大会初のGS敗退危機に?

ファインセーブを連発した大迫を海外メディアも称賛した。 写真:佐藤博之

画像を見る

 東京オリンピックへの出場権を懸けて、アジア各国がタイを舞台に火花を散らしているU-23アジア選手権。日本は開催国のため五輪出場が確定しているが、本大会に向けた強化のため国内組を中心にしたチームで参加している。

 1月9日に行なわれたグループステージ初戦は、サウジアラビア戦に1-2で惜敗。序盤から押し込まれる展開で48分に先制を許すと、唯一の海外組である食野亮太郎によるゴールで一度は追いつくも、終盤にPKを与えてしまう。これを決められ、2大会ぶりの優勝を目指すチームにとっては痛恨の黒星を喫した。

 この一戦を、「“伏兵”サウジアラビアが日本を相手にPKを奪い、人々に感銘を与えた」と評したのは、『Fox Sports』アジア版のガブリエル・タン記者だ。

「日本に比べて下馬評は高くなかったサウジアラビアだが、前半は英雄のような活躍を見せたGK大迫敬介が立ちはだかるゴールマウスを、破ることに成功した。日本はすぐに1-1として試合を振り出しに戻すまでに8分しかかからなかったが、その後は膠着状態が続いた。そして、ラスト5分に最後の“ヤマ”があった」

 そして、結果として試合を決めることになったPKについては、このように評している。

「岡崎慎の集中力の低下により、アブリカン・ガリーブにボールを奪われた。そのまま攻め上がるアブリカンに足をかけて倒してしまったことで、サウジアラビアに勝ち越しのPKが与えられた。PKに臨む大迫はその瞬間までは、間違いなくこの試合のヒーローだった。だが、ガリーブのシュートを防いでチームを救うことはできなかった。この結果、サウジは新たな歴史をつくる一歩を踏み出し、日本はこの大会初のグループステージ敗退へひとつ歩みを進めてしまった」

 さらに、AFC公式サイトも「サウジアラビアが先制しても、日本のメシノがゴールを決めて追いついたことで、このゲームは引き分けで終わるとみられた。だが、サウジのアタッカーが最高のチャンスを手に入れ、日本の守備網はそれに追いつくことが叶わなかった」と伝えている。

 手痛い敗戦を喫した森保ジャパンは12日、シリアとの一戦に臨む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ