新国立第1号はオウンゴールに修正…ポドルスキからのクロスが鹿島DFの足に当たってゴール

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月01日

当初は藤本のゴールと記録されるも変更に

ポドルスキからの折り返しが神戸の先制点を呼び込んだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は2020年1月1日、決勝戦のヴィッセル神戸対鹿島アントラーズが14時35分のキックオフで行なわれている。

 試合は前半、鹿島が積極的な守備から神戸を押し込んだが18分、左サイドから切り込んだポドルスキが中央へ折り返すと、これが藤本の足に当たり、鹿島ゴールに吸い込まれた。初の決勝進出で初優勝を狙う神戸が、新国立競技場での最初のゴールを挙げ先制した。

 さらに神戸は38分、右サイドからの西大伍のクロスボールを再び藤本がワンタッチで合わせ、ネットを揺らす。藤本のこの日2点目で、神戸が2-0と鹿島を突き放す。前半は神戸が2点をリードして終了した。

 なお前半終了後に、1点目の得点者が変更され、当初は藤本とされていたが、オウンゴールとなった。藤本と競り合った鹿島の犬飼智昭の足に当たってゴールに吸い込まれたと判定されたようだ。

 試合は2-0と神戸リードで後半を迎えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ