「契約解除金の条項を知らず…」南野拓実を狙っていたマンU。獲得失敗の原因は強化責任者”のスカウト不足!?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月22日

モウリーニョやファン・ハールを苛立たせたCEOがまたも…

リバプール移籍を叶えた南野(左)を狙っていたユナイテッド。だが、ウッドワードCEO(右)の情報不足が原因で……。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地12月19日、プレミアリーグの名門リバプールは、レッドブル・ザルツブルクの日本代表FW南野拓実を完全移籍で獲得したと発表した。

 2013年から南野のスカウトを続けていたとされるリバプールが、この24歳の人気銘柄の引き抜きに際して、ザルツブルクに支払った金額は、契約解除金はわずか725万ポンド(約10億1500万円)と言われている。資金力のあるプレミアリーグのクラブからすれば、バーゲンセールだと言っても過言ではないだろう。

 では、同じく獲得に動いていたマンチェスター・ユナイテッドはなぜ、争奪戦に敗れたのか。その原因は、首脳陣のスカウト不足にあったようだ。英紙『The Sun』によれば、ユナイテッドの強化責任者であるエド・ウッドワードCEOが、契約解除金を支払えば(移籍金の交渉なしで)南野の移籍が成立することを知らなかったという。

 これが事実だとすれば、何ともお粗末な話だ。『The Sun』は、こう綴っている。

「24歳の日本人は、1月の移籍市場でユナイテッドが追跡していた一人だった。だが、最終的にプレミアリーグの首位チームに先を越され、彼(南野)の獲得のための努力が足りなかったという印象を与えた。なぜ、ユナイテッドが失敗したのかと言うと、それはウッドワードCEOが完全に解約解除金の条項を知らなかったためだ」

 同紙は、ユナイテッドが、ウッドワードの失態によって、他クラブとの競合選手を逃したのは、初めてではないとも伝えている。

「ユナイテッドのトップが、移籍市場で選手を取り逃すのはこれが初めてではない。過去にも、デイビッド・モイーズやルイス・ファン・ハール、特にジョゼ・モウリーニョは、ウッドワードのせいでトップターゲットを獲れないことに不満を抱いていた」

 この師走に水面下で繰り広げられた、宿敵との熾烈な「南野獲得競争」にあっけなく敗れたユナイテッド。関係者は苦々しい思いを抱いていることだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ