「ボールを受けたがらない選手が多いから…」今季初アシストの原口元気、“日本人対決”で獅子奮迅の活躍!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月22日

「新しいポジションなので、勉強しながら…」

好調を維持する原口。チームの調子も上がってきた。(C)Getty Images

画像を見る

 原口元気が所属するハノーファーが、遠藤航が先発したシュツットガルトをホームに迎えたブンデスリーガ第18節は、2-2の引き分けに終わった。

 この日、原口はダブルボランチの一角としてフル出場。立ち上がりからアグレッシブに戦うチームの中心として攻守に好プレーを見せる。13分には、敵陣でパスを受けた遠藤に猛烈なプレスをかけてボールを奪取。そこからのショートカウンターからマルビン・ドゥクシュが先制ゴールを挙げた。

 ハノーファーは前半その後もゲームをうまくコントロールしていたものの、後半開始わずか11秒、途中出場のニコラス・ゴンザレスにいきなりゴールを奪われてしまう。さらに62分にも失点して一度はリードを許したものの、またしても原口が起点となって同点に追いつく。

 76分、中盤でうまくボールを受けて、右サイドをフリーであがってきたエドガル・プリプにパスを通すと、このドイツ人MFが中に持ち込み左足シュートでゴール。日本代表MFはこれが今シーズン初アシストとなった。
 
 85分にも左サイドから好クロスを供給するなど、最後まで勝利を目指して精力的にプレーした原口は、こう試合を振り返った。

「前半に関しては、今シーズンの中で一番いい試合ができたと思う。あそこで2点目、3点目が取れてたら楽に終わってたけど。後半のスタートが最悪で、そこからちょっと自信を失って2点目を取られて……。でも、そのままずるずる行かなかったのは良かったなと思います」

 11月中旬にケナン・コジャック新監督の就任後、ボランチでの起用が増えている原口は、現在のチームにおける役割について、こう語った。

「もう全部ですね。ボールを受けたがらない選手が多いなかで、ボールを受けて、運ぶ。あともちろん守備ですね、ボールを奪いに行くところ。奪いに行きすぎずにうまくバランス取りながらっていう部分は、僕自身も新しいポジションなので、いろんなプレーを見たり、勉強しながらやってます」

 18節終了時点で勝点21の13位とまだ下位に沈んでいるハノーファーだが、原口の活躍もあり、ここ5試合は2勝1分け2敗と調子を取り戻してきている。後半戦の巻き返しを期待したいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ