リバプール、クラブ史上初の世界制覇! “因縁”のフラメンゴに38年越しの雪辱を果たす【クラブW杯】

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月22日

延長戦のフィルミーノ弾で勝負あり!

ヘンダーソン主将が優勝トロフィーを掲げる。リバプールが悲願の世界一を成し遂げた。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月18日、カタールでクラブワールドカップの決勝が開催され、欧州王者のリバプール(イングランド)と南米王者のフラメンゴ(ブラジル)が対戦した。

 奇しくも1981年の第2回トヨタカップ(当時はインターコンチネンタルカップ)と同じ顔合わせとなった今回のファイナル。ゲーム序盤の主導権は、クラブ史上初となる世界一を目ざすリバプールが握った。

 開始45秒にフィルミーノがいきなりファーストチャンスを掴んで勢いに乗ったレッズ(リバプールの愛称)は、4分にケイタ、5分にもアレクサンダー=アーノルドと立て続けに相手ゴールを脅かした。

 しかし、25分を過ぎたあたりから試合の流れが一変する。少しずつハイテンポな流れに慣れ始めたフラメンゴが、局面の肉弾戦で上回るようになり、リバプールを押し込む展開となったのである。

 南米王者のリズムに翻弄されたリバプールは、大黒柱のファン・ダイクが復帰した守備陣こそ崩れなかったものの、サラー、フィルミーノ、マネが陣取る自慢の3トップが鳴りを潜めたまま。攻めあぐねる時間が続いた。

 スコアレスでスタートした後半も、ファーストチャンスを掴んだのは、前半と同じくリバプールだった。46分にヘンダーソンのロブパスを受けたフィルミーノが鮮やかなトラップからボレーシュートを放ったが、渾身の一撃はポストに嫌われてしまう。

 リバプールは49分にもサラーがエリア内で相手ゴールを脅かすシュートを見舞ったが、これも枠を外して決め切れない。一方のフラメンゴは、53分にエースのガブリエウが惜しいシュートを放ったが、敵守護神アリソンの好守に阻まれ、決定機を逸した。

 両チームともに集中力を欠かず、守備の要所をしっかり締め合う。徐々に単調な攻撃が増え、ゲームは膠着状態に陥る。後半アディショナルタイムの1分には、フラメンゴのDFラフィーニャがマネを倒してPKを献上したかに思われたが、これもVAR判定の末にノーファウルとジャッジに覆り、得点は生まれなかった。

 結局は0-0のまま、15分ハーフの延長戦へ突入した。

 迎えた延長前半、疲労が目に見えて顕著なフラメンゴの運動量がガクッと落ちる。そして鋭い出足で主導権を握ったリバプールが、ついに均衡を破るのだ。99分、ヘンダーソンのスルーパスに抜け出したマネが一度持ち直してから、エリア中央へパスを供給。これを受けたフィルミーノが、相手GKを揺さぶってから、豪快にゴールに蹴り込んだ。

 ナンバー9の一撃でようやく先手を取ったリバプールは、その後も攻めの姿勢を貫いた。かたやフラメンゴはほとんどのメンバーがガス欠状態で、真骨頂のパスワークもカウンターも発揮できず、ゴールは遠いままだった。

 最終盤はあえてフラメンゴにボールを持たせて巧みにいなしたリバプール。このまま1-0で見事に逃げ切り、タイムアップを迎えた。

 38年前に0-3で敗れた相手に雪辱を果たし、クラブ史上初となる世界制覇を達成。熱血漢ユルゲン・クロップが束ねるチームが、またひとつ歴史に名を刻んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ