【天皇杯】勝負を決めた3点目の鹿島ブエノ、「全力を尽くしたい」と21冠へ向けて決意!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月21日

ブエノのゴールで鹿島が逃げ切りに成功

先制点のセルジーニョ(左)と3点目を決めたブエノ(中)。鹿島は21冠を目指し天皇杯決勝へ進む。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第99回天皇杯の準決勝、鹿島アントラーズとV・ファーレン長崎の一戦が12月21日に県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、3-2で鹿島が勝利を収め、元日の決勝へと駒を進めた。

 幸先良く先制したものの、薄氷を踏む勝利となった。

 セルジーニョの得点と相手オウンゴールで2点を先行した鹿島だったが、前半のうちに長崎の米田隼也に1点を返される。後半ブエノのゴールで2点差にするものの、直後の76分に澤田崇に返され再び1点差に。試合終盤まで長崎に攻め込まれるシーンも目立つなど盤石とは言えない戦いぶりだった。しかし、先制後はタイムアップまでリードを守り切り、試合巧者ぶりを見せた。

 試合終了後には決勝点を決めたブエノがフラッシュインタビューに応え、以下のようなコメントを語った。

「チームを決勝に導く得点を取れて、チームに貢献出来てとても嬉しく思っています。(リーグ戦では)重要な試合をホームで勝ち切れなかったという部分はありましたが、大会も違いますし、気持ちを切り替えて、みんなで決勝に向かうという事を達成できたので、非常に嬉しく思っています。素晴らしい2クラブが決勝に立つ権利を得ました。お互いに良い試合をやって全力を尽くしたいと思います」

 鹿島としては21個目のタイトル獲得を目指す天皇杯決勝。契約満了で退任の決まっている大岩剛監督にとっても現役最後に鹿島で掲げたタイトルでもある。

 鹿島アントラーズと、ヴィッセル神戸が対戦する天皇杯決勝は1月1日に新国立競技場で14時35分にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【天皇杯 準決勝PHOTO】鹿島 3-2 長崎|粘る長崎を振り切った鹿島が、新国立での決勝へ進出!

【サポーターPHOTO】鹿島 3-2 長崎|天皇杯決勝進出を目指し熱い声援を送り続けた両チームのサポーターたち!

【鹿島ブラジル人トリオPHOTO】全3ゴールに絡み、鹿島を決勝に導く大活躍!三選手の厳選ショット!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ