「来シーズンこそは勝つグランパスに…」名古屋のフィッカデンティ監督が続投!ファンも勝利を渇望

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月20日

「必要な犠牲を全て払う覚悟が我々にはあります」

今季途中の9月から名古屋の指揮を執るフィッカデンティ監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 名古屋グランパスは、12月20日にクラブの公式ホームページで、マッシモ・フィッカデンティ監督と契約を更新し、来季も続投することを発表した。

 イタリア出身で52歳の指揮官は、ヴェローナやカリアリなど母国のチームを率いた後、2014年からはFC東京を、16年からはサガン鳥栖を率いるなどJリーグでもキャリアを積み重ねてきた。

 今年9月には風間八宏前監督との契約解除に至った名古屋の監督に就任し、その後1勝3分4敗と苦しい戦いが続くものの、13位でシーズンを終えJ1残留を確定させた。

 クラブを通して発表されたフィッカデンティ監督のコメントは以下の通り。

「来季も名古屋グランパスを指揮することとなり光栄に思います。

 攻守両面における高い質、多様な戦術、強靭なフィジカルなど世界レベルでどのようなサッカーをするチームが勝つのかということをクラブ、選手達と共に追求し続けファミリーの皆さまが誇りに思えるチームを作り上げていきたいと考えています。

 名古屋グランパスは常に強いチームであるべきです。大きな成果を達成するために必要な犠牲を全て払う覚悟が我々にはあります。共に闘いましょう」
 

 クラブの公式SNSに投稿されたこの一報にサポーターも反応し、以下のようなメッセージが寄せられた。

「どんなグランパスでも応援する気持ちは変わりません!」
「レンタル組は必ず取り戻して」
「フィッカデンティさんにあった選手の補強をお願いします」
「色々意見あるが応援します」
「予想と反していい結果になってほしい…」
「信じます!」
「もう残留争いはごめんだ。マッシモ監督、頼みました。来シーズンこそは勝つグランパスに」

 残留争いにも巻き込まれる厳しいシーズンになった名古屋は、指揮官の語る”常に強いチーム”に向けて新たなシーズンの一歩を踏み出した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ