「まさかここでプレーできるなんて…」リバプール移籍決定の南野拓実がクラブ公式サイトで放った第一声は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月19日

「夢が叶った」と移籍に満足感を示す

リバプールのユニホームを手にして笑顔を浮かべる南野。その表情からは充実ぶりが感じ取れる。 (C) Getty Images

画像を見る

 ついにリバプール史上初の日本人プレーヤーが誕生した。

 現地時間12月19日、リバプールは公式サイトで、レッドブル・ザルツブルクに所属した日本代表FW南野拓実を獲得したことを正式に発表した。

 契約の詳細については発表されていないものの、英公共放送『BBC』は、リバプールがザルツブルクに違約金725万ポンド(約10億1500万円)を支払う形で合意し、契約期間は2024年6月までのおよそ4年半になると報じている。

 2015年1月にセレッソ大阪からザルツブルクにステップアップ移籍をしてからおよそ5年で、ついにメガクラブの一員となった南野はリバプールの公式サイトで、「これが僕の夢だった。その夢が叶ったことに興奮している」と喜びのコメントを残している。

「プレミアリーグでプレーすることが僕の一つの目標だった。ここは世界でトップクラスのリーグだと思っています。サッカー選手としての僕のキャリアが順調に進歩すれば、いつかプレミアリーグでプレーできるようになると思っていました。しかし、まさかリバプールでプレーできるとは思っていなかったので、本当に嬉しい。とてもワクワクしている」

 さらに南野は、今シーズンのチャンピオンズ・リーグで、リバプールと対戦した経験から感じた欧州王者のレベルの高さについても、次のように語っている。

「あの試合から僕は、このチームがハイレベルのテクニックと集中力を持っていることを学んだ。非常にレベルが高くて、これがチャンピオンズ・リーグのチャンピオンなんだと感じた。それを感じたうえで、このチームの一員としてプレー出来ることを本当に幸せに思う」

 欧州の移籍市場が開く1月1日からチームに合流し、早ければ1月5日(現地時間)のエバートン戦(FAカップ3回戦)でデビューする見込みとなっている南野。「プレミアリーグとチャンピオンズ・リーグの両方で優勝し、チームに貢献をすることが目標」と語るサムライ戦士の挑戦から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ