菅、田川、小川!東京五輪世代3人が代表初ゴール!E-1香港戦、日本が4-0リードで後半へ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月14日

菅の鮮やかな左足ダイレクトボレーで先制!

日本の2点目を決めた田川。日本が前半で4点をリードした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 E-1選手権は12月14日、韓国・釜山で日本代表対香港代表の一戦が19時30分のキックオフで行なわれている。

 日本は、第1戦の中国戦からスタメン11人全員を総入れ替えして臨んだ。JリーグMVPの仲川輝人のほか、田中碧や菅大輝、小川航基ら7人がA代表デビュー、東京五輪世代9人がスタメンに名を連ねた。

 日本は立ち上がりこそ危ないシーンも見られたが、徐々にペースを掴むと開始8分。仲川の仕掛けから最後は、こぼれ球に反応した菅が左足ボレーで叩き込み先制した。菅はA代表デビュー戦ごーるとなった。これで勢いに乗った日本は、14分にもCKから田川亨介が押し込み、やはり代表初ゴールとなる追加点。さらに26分には小川のミドルシュートがネットを揺らし、3点目を奪う。菅に続き、小川もデビュー戦ゴールとなった。デビュー戦ゴールは菅で史上32人目、小川で同33人目となっている。

 日本はさらに前半アディショナルタイム、小川がこぼれ球を拾いこの日2点目。チーム4点目を決めた。

 前半は東京五輪世代3人の代表初ゴールで、日本が4点をリードして終了した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【速報PHOTO】日本×香港|東京五輪世代が爆発!前半だけで4点リード

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ