「リアル”サカつく”で世界1を目指しましょう」本田圭佑がツイートで呼びかけ。「考えただけでワクワクします」とファンに大反響!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月13日

ツイッター上で話題になったスポーツ選手で世界9位にランクイン!

フィテッセ入団時に出演した番組では、「冬の移籍も考えながら、オランダでのプレーなら悪くないなと」と語っていた本田圭佑。(C) Getty Images

画像を見る

 2019年にツイッター上で話題となったスポーツ選手ランキングで世界9位にランクインした本田圭佑。ツイッターに関する様々なデータを提供する公式アカウント「TwitterData」の発表で、ネイマール、メッシ、クリスチアーノ・ロナウドら世界的な選手とともにランキング入りを果たした。

 そんな本田は、12月12日の深夜に自身のツイッターを更新し「もし、ファンとしてサッカークラブの経営に関われるなら、何の意思決定に関わりたいですか?#複数でもOK」と呼びかけた。

 このツイートをした1時間後には以下のように再びメッセージを投稿した。
「ありがとうございます!確定事項は何一つないのですが、いつかファンがクラブ経営に関われる試みを始めることになったら、声をかけるのでその時は、ここにいる皆んなでリアルサカつくで世界1を目指しましょう!」

 この一連のツイートには、多くの反響があり、ファンからは以下のような多くのメッセージが寄せられた。
 
「本田さんとファンが一緒に世界一を目指す!?凄く夢がありますね」
「世界一を目指す、ことから何もかも始まるのかもね」
「絶対参加します」
「考えただけでワクワクします!是非!実現してもらいたいです」
「楽しみ!」
「今の固定概念を変えた新しいクラブができることを期待しています!!」
「本田圭佑は、世界1が似合う!必ず、世界1になることでしょう」
「世界の本田」
「サッカーも時代によって変化するんですね」
「さすが、本田△」

 本田は現役の選手でありながら、2015年に当時オーストリア3部のSVホルンのクラブ経営に参入したのをはじめ、ワールドワイドに複数のプロクラブの経営に参画した実績もある。さらには、カンボジア代表の実質的な監督を務め、サッカースクールの運営、その他のビジネスなど多方面でも活躍している。そんな様々な立場を経験する本田にとって、今回呼びかけた”世界1を目指すクラブ”とはどのようなものなのだろうか。

 日本サッカー界きってのカリスマの言動から目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ