「“ソナウド”と呼んでいる!」名将モウリーニョが70m独走弾を決めたソン・フンミンをべた褒め!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月08日

英メディアでも称えられたゴラッソ!

ソン・フンミン(左)を名将モウリーニョ(右)が絶賛した。 (C) Getty Images

画像を見る

 韓国代表FWが決めた衝撃のゴラッソだった。

 現地時間12月7日に行なわれたプレミアリーグ第16節、ホームでバーンリーを迎え撃ったトッテナム・ホットスパーは、開始早々4分に大黒柱のハリー・ケインが放った“号砲”で攻撃陣が目を覚ますと、怒涛のゴールラッシュを披露し、5-0の大勝を収めた。

 なかでも称賛を浴びているのが、32分に生まれたソン・フンミンのゴラッソだ。

 自陣ペナルティーエリア手前でクリアボールを拾った韓国代表FWは、そこから一気に加速して高速ドリブルを開始。ハーフウェーライン付近で相手5人に囲まれるも鋭い身のこなしで切り抜け、そのまま独走してゴールを奪い去った。

 70メートル近い距離を独走して決めたソン・フンミンの一撃は大反響を呼び、英公共放送『BBC』は「韓国の英雄がとんでもない一撃を見舞った。シーズンベストの有力候補だ」と褒めちぎった。

 指揮官もこの韓国代表FWへの賛辞を惜しまない。試合後の会見で、ジョゼ・モウリーニョ監督は、「あの子はファンタスティックだ」と語り、さらに次のように続けた。

「前々から私は息子と一緒に彼を『ソナウド』と呼んでいたよ。ロナウド(元ブラジル代表FW)から名前をとってね。このゴールで私の心をよぎったのは、1996年に(バルセロナ時代の)ロナウドが素晴らしいゴールを決めた時に、(コーチだった)私がサー・ボビー・ロブソン監督の隣に座るという名誉を得ていたということだ」

 怪物の名前を引き合いに出して、ソン・フンミンを称えたポルトガル人指揮官は、こう続けている。

「私はサー・アレックス(・ファーガソン)とパク・チソンについて話したことを覚えている。彼らは非常によく周りからの指導や助言を受け入れるとね。それは韓国やアジアの文化的なものなんだろう。とにかく私はとてもハッピーだ、ハッピーだよ」

 以前に現地メディアの取材で、「彼と恋に落ちてしまったんだ」とべた褒めしていたモウリーニョ。飛ぶ鳥を落とす勢いで躍動するソン・フンミンに、すっかり夢中なようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ