「ようやく仕事をした!」堂安律、8試合ぶりの今季3ゴール目をゲット! PSVの大勝劇に貢献

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月08日

チームのゴールラッシュの口火を切る

直前のゴールをVARで取り消されていた堂安は、得点後にはホッとした表情を浮かべた。 (C) Getty Images

画像を見る

 オランダで研鑽を積む若武者が魅せた。

 現地時間12月7日、オランダのエールディビジは第16節が開催され、日本代表MFの堂安律が所属するPSVは、シッタートをホームに迎え、5-0と大勝した。

 エールディビジで2試合ぶりとなる勝利を挙げたPSV。そのゴールラッシュの口火を切ったのは、他でもない堂安だった。

 4-3-3の右ウイングでスタメン出場を果たした堂安は、試合開始早々の前半5分、細かいパスワークからエリア内に侵入。滑り込みながら左足で流し込んだが、オフサイドの判定でゴールとはならなかった。

 しかし、その3分後に正真正銘のゴールを叩き込む。左サイドからFWスティーブン・ベルフバインが送ったクロスにヘディングで合わせてネットを揺らしのだ。

 第8節ズウォーレ戦以来、8試合ぶりとなる今シーズン3点目をゲットした堂安。この一撃には、クラブの公式ツイッターでもファンから、「これを待っていた」「リツがようやく仕事をした」「見事な動き出しからだった」といったコメントが寄せられた。

 その後も得点を重ねたPSVは5-0と圧勝。ヴィレムⅡに敗れた首位アヤックスとの勝点差を10に縮めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ