神戸FWウェリントンが契約満了で退団。「何回危機を救ってくれたことか」「感謝してもしきれません」ファンも惜別の情を述べる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月06日

「ファン、サポーターの皆様に心から感謝しています」

今季リーグ戦15試合に出場し、6得点を記録しているウェリントン。一部にはブラジル復帰の噂もある。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ヴィッセル神戸は12月6日、クラブの公式ホームページで所属するブラジル人FW、ウェリントンの契約満了に伴い、来季の契約更新をしない方針を発表した。

 ウェリントンは、ブラジルのサンパウロ出身の31歳、インテルナシオナル(ブラジル)でキャリアをスタートさせ、湘南ベルマーレやアビスパ福岡などを経て2018年から神戸に加入していた。今季リーグ戦ここまでは15試合に出場し6得点を挙げている。

 クラブを通じて発表されたウェリントンのコメントは以下のとおり。

「どんな時も支えてくれたファン、サポーターの皆様に心から感謝しています。これからの皆様とヴィッセル神戸の幸せを願っています。Boa Sorte!(幸運を)」

 ウェリントンの退団を受けて、ファンもクラブの公式SNSに以下のような惜別のコメントを寄せた。

「ウェリントンが何回危機を救ってくれたことか。感謝感謝」
「去年今年と厳しい時にチームを救ってくれたのはウェリントンでした。感謝してもしきれません。本当にありがとうございました」
「ウェリ、ありがとう。あなたのチーム為に闘う姿は忘れません」
「ブラジル帰りそう…Jでもっと見てたかったな」
「神戸の調子が悪い時に何度もチームを救ってくれました。今の外国人枠を考えると仕方ない決断だったと思います。他のチームでの活躍を祈っています」
「ウェリントンは得点だけじゃなく、ディフェンス面でも本当に貢献してくれてたな~」
「本当に、苦しいとき、最前線で体を張る姿、最後までボールを追いかける姿は希望の光だった…」
「FWどうすんねん」

 Jリーグ通算では、180試合に出場し65得点を挙げている(J1で88試合・19得点、J2で92試合・46得点)ウェリントン。次なる活躍の場は果たして――。今後の動向からも目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ