神戸がビジャの後釜に元ドイツ代表FWを獲得か? 「すでに接触した」と欧州メディアが報じる!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月21日

シュツットガルトで出場機会が激減

神戸入りが取り沙汰されるM・ゴメス。F・トーレス、ビジャに続いてEUROの得点王が日本でプレーするのか。(C)Getty Images

画像を見る

 11月13日に元スペイン代表FWダビド・ビジャの今シーズン限りでの現役引退を発表したヴィッセル神戸が、早くも後釜の獲得に動いているようだ。

 現地時間20日、フランスの移籍専門メディア『FOOTMERCATO』が報じたところによると、神戸がブンデスリーガ2部のシュツットガルトに所属する元ドイツ代表FW、マリオ・ゴメスの獲得に動いているという。記事は、満足な出場機会が得られていないストライカーに「すでに接触した」と伝えている。

 現在34歳のM・ゴメスは言わずと知れたドイツを代表する点取り屋だ。プロデビューを飾ったシュツットガルトでは、2006‐07シーズンのブンデスリーガ制覇に貢献。09年夏に移籍したバイエルンでも2度のリーグ優勝を果たし、12‐13にはチャンピオンズ・リーグ戴冠も経験している。

 189センチの体躯を活かしたフィジカルの強さに加え、ゴールセンスも抜群で10-11シーズンにはブンデスリーガの得点王に。07年にデビューを飾ったドイツ代表でも78キャップで31ゴールを叩き出し、EURO2012では3得点を挙げ、フェルナンド・トーレスなどと並んでトップスコアラーに輝いてもいる。
 
 そんな実績十分のアタッカーも、18月1月に復帰したシュツットガルトで3シーズン目を迎えた今シーズン、ティム・ヴァルター新監督の下で序列が下がり、ここまで先発はわずか3度で、8試合・1ゴール。2020年6月まで契約を残しているものの、冬に新天地を求めても不思議はない。

 ドイツ代表でチームメイトだったルーカス・ポドルスキは今シーズン限りでの退団が濃厚ながら、同胞のトルステン・フィンク監督の存在がプラスに働くのは間違いないだろう。決定力の高さは折り紙付きで、ビジャの後釜としては打ってつけだ。

 先日は、マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバへの関心が伝えられた神戸。いずれにしても、大型補強は来シーズンも続くことになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ