「クボを逃すべきではなかった」バルサの元スカウトが語った、久保建英がマドリー移籍を選んだ理由

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月05日

「いつかここでプレーしたいと言っていた」

マジョルカで研鑽を積む久保。カンプ・ノウのピッチで何を思うか……。 (C)Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 かつてバルセロナの下部組織に籍を置きながら、今夏にその最大のライバルであるレアル・マドリーに加入した久保建英。周知の通り、現在はマジョルカにレンタルされている18歳は、今週末に敵地カンプ・ノウでの古巣バルセロナ戦を迎える。

 そんななか、かつてカスティージャの監督を務め、日本で久保のスカウトを担当したというオスカル・エルナンデス氏が、スペインのラジオ局『COPE』の取材に応じ、「バルサはクボを手放すべきではなかったことは明らかだ」と語っている。

「いずれ時間が経てば明らかになることだろうが、バルセロナは間違った選択をしたよ。プレシーズンでも、タケはマドリーで素晴らしいプレーを見せていたし、偉大な選手たちに囲まれたなかでも存在感を示すことができる、とてつもないポテンシャルを秘めた存在なんだ」

 また、FC東京からスペインに戻る際に、久保がマドリーに加入を決めた理由をこう説明している。

「経済的な面や家族や生活環境のサポートはもちろんだが、彼は下部チームではなく、トップでプレーしたかったんだ。そうすることで自身の能力を伸ばすことができると考えていた。マドリーが提示した条件はその希望に適っており、バルサの提案は(待遇が)悪いうえに希望とは異なっていた。

 他にも6つのヨーロッパのチームからオファーが届いていて、給与面ではマドリーを上回るものもあったが、タケはスペイン語が堪能だし、スペインでのプレーを望んでいたんだよ」

 そして、バルサ戦は久保にとって「特別な日になるだろう」と語った。

「カンプ・ノウでプレーすることは、タケに特別なモチベーションを与えるだろう。以前、彼をスタジアムに連れて行ったとき、『いつかここでプレーしたい』と言っていたことを覚えている。タケはいま確かに成功しているが、私が好んだシャツでないことが残念だ。けれど、彼は成長を続けている。これは、誰もが理解できる事実だ」

 バルセロナ対マジョルカの一戦は、12月7日(日本時間8日5時)に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ