本田圭佑を「最高の選手」と絶賛していた“恩師”スルツキがフィテッセを辞任…。今後の起用法への影響は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月30日

5連敗が決定打に

不振の責任を自ら取ったスルツキ。本田獲得を進言した男が離れ、フィテッセはどう変わるだろうか? (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア屈指の辣腕監督が、チームを離れる決断を下した。

 現地時間11月29日、エールディビジのフィテッセは、ロシア人監督のレオニド・スルツキが辞任したことを発表した。

 この日、敵地でヘーレンフェーンと対戦したフィテッセは、前半に2点を先行しながらも、2-3と逆転負け。エールディビジ5連敗となっていた。

 現在48歳のスルツキはロシアを代表する名将だ。過去にCSKAモスクワやハル・シティ、母国のロシア代表などを率いた実績を持ち、昨年3月にフィテッセに就任。昨シーズンはチームを5位に導いていた。

 飛躍が期待された今シーズンは、開幕10試合で勝点23とクラブ史上最高のスタートを切ったが、第11節から5連敗と躓いたチームをスルツキは立て直せなかった。

 ヘーレンフェーン戦後、中継をしていた『Fox Sports』のオランダ版でフラッシュインタビューを受けたスルツキは、そこで辞任する決意を明らかにした。

「私はキャリアで5連敗を喫したのは今回が初めてだ。一生懸命働いたが、クラブ、選手、ファンについても考えなければならない。他の誰かが良い軌道に乗せることができるだろう。ここでは素晴らしい時間を送らせてもらったが、それも終わりに近づいている。フィテッセのファンとクラブの皆さんに感謝している。私がここで過ごした時間は終わる」

 気になるのは、フィテッセに所属する本田圭佑の起用法だ。今月6日にチームに加入した日本人MFは、そもそもCSKAモスクワ時代に師事したスルツキが獲得を進言したという経緯もあった。

 本田に対しては、「ケイスケは私の指導者人生のなかで、最高の選手のひとりだ」と絶大な信頼を口にしてもいたスルツキ。そんなロシア人指揮官が去った今後は、その起用法にも小さくない影響を及ぼしそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ