1月1日の移籍市場再開を前に! 欧州メガクラブの「強化部門」実力診断|ユベントス編

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年12月28日

イタリアでは間違いなくトップ。

この2年間、国内最強の地位を守りつづけてきた事実が、ユベントスの強化部門の優秀さを物語る。 (C) Getty Images

画像を見る

 欧州の移籍マーケットが1月1日に再オープンする。
 
 補強の構想を描き、ターゲットを絞り込み、交渉を進め、移籍オペレーションをまとめ上げるのが、各クラブの「強化部門」だ。いわばフットボールクラブの命運を握る重要なその強化部門、では、どのクラブのそれが優れているのか?
 
 当サイトの連載コラムでもお馴染み、移籍市場を専門にカバーする記者で、各クラブの事情に通じるジャンルカ・ディ・マルツィオ記者が、メガクラブの「強化部門」を診断した!
 
※ワールドサッカーダイジェスト2014.12.18号より
 
――◆――◆――
 
 イタリアでは間違いなくトップ。移籍収支のバランスをうまく保ちながら、限られた予算の中で効率よく強化を図り、この2年間、国内最強の地位を守りつづけてきた事実が優秀さを物語る。
 
 財政面も考慮して総合的な強化戦略を立てるマロッタGDの下で、選手評価眼に優れたパラティチSDが実務面を担い、スペイン人のチーフスカウト、ハビエル・リバルタが世界中に張り巡らせたスカウト網を統括して若いタレントの発掘を担当する体制は、組織として理想的と言っていい。
 
 この確固たる体制がなければ、ポグバとコマンを、それぞれ資金力で上回るマンチェスター・U、パリSGから移籍金ゼロで引き抜くという離れ業はなしえなかっただろう。
 
 反面、看過できないのが育成部門の弱体化。マルキージオやジョビンコを輩出して以来、トップチームに完全に定着したタレントはいない。プリマベーラ(U-19)の監督が毎年のように変わっているのは、育成部門が一貫性に欠ける事実を示す一例だ。
 
【判定】(とても優秀)
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
1月1日の移籍市場再開を前に! 欧州メガクラブの「強化部門」実力診断|レアル・マドリー編
1月1日の移籍市場再開を前に! 欧州メガクラブの「強化部門」実力診断|アーセナル編
1月1日の移籍市場再開を前に! 欧州メガクラブの「強化部門」実力診断|バイエルン編
1月1日の移籍市場再開を前に! 欧州メガクラブの「強化部門」実力診断|チェルシー編
ユベントスが「新たなイブラヒモビッチ」を獲得か 18歳のデニス・ヒュメットに照準

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ