1月1日の移籍市場再開を前に! 欧州メガクラブの「強化部門」実力診断|アーセナル編

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年12月27日

信じられないほどのリスペクトを集めている。

クラブ全体の強化を取り仕切る最高責任者としての「マネジャー」の第一人者は、間違いなくヴェンゲル(左)だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 欧州の移籍マーケットが1月1日に再オープンする。
 
 補強の構想を描き、ターゲットを絞り込み、交渉を進め、移籍オペレーションをまとめ上げるのが、各クラブの「強化部門」だ。いわばフットボールクラブの命運を握る重要なその強化部門、では、どのクラブのそれが優れているのか?
 
 当サイトの連載コラムでもお馴染み、移籍市場を専門にカバーする記者で、各クラブの事情に通じるジャンルカ・ディ・マルツィオ記者が、メガクラブの「強化部門」を診断した!
 
※ワールドサッカーダイジェスト2014.12.18号より
 
――◆――◆――
 
 イングランド国内はもちろん、欧州や南米においてもクラブ、選手、エージェントから信じられないほどのリスペクトを集めている。
 
 ピッチ上の結果が見合ったものではないのは事実だが、それは予算的な制約、そして目先の結果よりも中・長期的なビジョンを優先する明確な哲学があるから。選手の獲得、放出いずれにおいても、一つひとつが技術・戦術的にも予算的にもきわめて筋が通った論理に支えられている。
 
 的確なスカウティング・評価眼と先を見据えた計画性に基づく補強戦略は、目先の結果に振り回され、あるいはマーケティングに惑わされている他のクラブと比べて、明らかに一日の長がある。
 
 強化を取り仕切っているのは、もちろんヴェンゲル監督。エージェントとの交渉も指揮官が直接行なうケースがほとんどだ。ワールドカップ期間中もリオ郊外のホテルに拠点を構え、エージェントや他のクラブ首脳と「商談」を進めていた。
 
 ファーガソンが第一線を退いたいま、トップチームの監督だけでなく、クラブ全体の強化を取り仕切る最高責任者としての「マネジャー」の第一人者は、間違いなくヴェンゲルだ。
 
 弱みがあるとすれば、先を見据えて若手の獲得や抜擢を重視するがゆえに、目先の結果を徹底して追求できない点か。しかしこれは、戦力強化とクラブ経営がそもそも相反する性質を持ったテーマであり、アーセナルが「クラブ経営優先」の哲学を明確に掲げている以上、あえて弱みと言えるものではない。
 
 タイトル獲得は難しいにしても、コンスタントにチャンピオンズ・リーグの舞台で主役を演じ続けているのは確かであり、それは今後10年経っても変わらないだろう。
 
【判定】(とても優秀)
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ