フラメンゴの劇的すぎる南米制覇に公式SNSは“崩壊”! ブラジル大統領も「これがフットボールだ!」と熱狂

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月24日

「俺も狂ってる」と歓喜するファンも!

リベルタドーレス杯を掲げ、喜びを爆発させるフラメンゴの選手たち。その歓喜の表情が激闘を物語っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルの名門が38年ぶりに南米の頂点に立った。

 現地時間11月23日、ペルーの首都リマでコパ・リベルタドーレスの決勝が行なわれ、ブラジルのフラメンゴが、大会連覇を目指していたアルゼンチンのリーベル・プレートを2-1で撃破。あのジーコを擁した1981年大会以来の南米王者に輝いた。

 今シーズンから中立地での一発開催となった決戦は、文字通りの劇的な展開となった。

 15分にリーベルのボレに先制ゴールを決められ、出鼻をくじかれたフラメンゴは、その後も試合巧者のディフェンディングチャンピオンを前に為す術なく、時間を浪費していく。

 しかし、勝負が決したかに思われた試合終盤にエースの“ガビゴール”ことガブリエウ・バルボサが奮起する。まずは89分にジオルジアン・デ・アラスカエタの折り返しを得意の左足で流し込んで同点弾を決めると、その3分後には元ブラジル代表MFジエゴの正確なロングパスに反応し、再び左足でリーベルゴールを射抜いたのだ。

 95分に退場となってしまったとはいえ、このガブリエウの2発で快哉を叫んだフラメンゴが、見事な南米戴冠を果たしたのだった。

 ドラマチックすぎる展開にクラブを愛する人々は狂喜乱舞した。試合直後のフラメンゴの公式ツイッターは、「UAHSEIUHASOJEPASCSLEK12OI3JPO12K3I12」とツイートし、まるで自我が崩壊したような様子を表現。さらに「AHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH」と連投し、喜びを爆発させた。

 この公式ツイッターには、「劇的すぎた」や「わかるぞ。俺も狂ってる」、「信じていたら報われるんだ」といった久々の南米制覇に酔いしれるファンからのコメントも殺到した。

 これ以上ない展開での優勝に、多くの著名人からも感嘆した反応が寄せられた。なかでもブラジルのジャイール・ボルソナーロ大統領は、自身のツイッターで次のように綴り、タイトルを勝ち取った戦士たちを祝福した。

「おめでとう! フラメンゴ! 君たちがリベルタドーレス2019のチャンピオンだ。情熱的で歴史的な試合であり、これこそがフットボールだ」

 奇しくも初めて南米王者となった日と同じ11月23日に再び栄冠を勝ち取ったフラメンゴ。ちなみに偉大なクラッキであるジーコを擁して優勝した1981年大会の後に出場したトヨタカップでは、見事に世界制覇を成し遂げているのだが、その時の対戦相手は、今年のクラブ・ワールドカップに欧州王者として出場するリバプールだった。

 カタールの地で行なわれるクラブW杯で、フラメンゴは南米勢としては2012年にチェルシーを粉砕したコリンチャンス以来となる世界王者になれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ