【松本】0-1の敗戦に「悔しい」と繰り返す田中隼磨。だがこのまま終わるつもりはない

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2019年11月23日

「それを、次の試合にぶつけていきたい」

横浜戦で6試合ぶりに先発した田中。攻守両面で魂のこもったプレーを見せたが、チームを勝利に導くことはできなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1第32節]松本×横浜/11月23日/サンアル

 6試合ぶりの先発で、相手は古巣の横浜。残留争いの渦中にあるチームを救いたい――様々な想いが、田中隼磨の胸の内には秘められていたはずだ。

 だが、「かける想いと結果がつながらなくて、本当に悔しい」と、山雅の象徴は唇を噛む。

 横浜をホームに迎えた松本は、開始早々に失点。前半は防戦一方だったが、後半はいくつかの決定機を作るなど懸命に攻め立てるも、結局ゴールは奪えず。0-1の敗戦。残り2試合の時点で勝点30の17位と、いまだ降格圏内にいる。

「勝点を取れなかったことを真摯に受け止めて、次の試合に向かいたい。個人的には、勝てないと、すぐ次の試合で代えられてしまう、という気持ちでもありました。次はないという気持ちで、この試合にすべてをかけるつもりで挑みましたけど、こういう結果になって、本当に悔しい」

 先発起用に応えられず、責任を感じてもいるはずだ。田中は「悔しい」と繰り返した。だが、「悔しいだけで、今シーズン、終わりたくない」と言葉に力をこめる。

「あと2試合と考えるのではなく、次の試合に向けて、勝つために、何をしなければいけないのかをより一層考えて。チームにかける想い、今シーズンにかけている想いもある。それを、次の試合にぶつけていきたい」

 誰もが認めるチームの精神的支柱は、まだ何も諦めていない。強い気持ちで、残りシーズン、残留に向けてすべての力を捧げる覚悟だ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【J1採点&寸評】松本0-1横浜|横浜が仲川の一発で首位奪取! 零封の守備陣も高評価
「これはエモい」「神写真をありがとう」テル&マツ、松本戦で奇跡のコラボショットに首位浮上・横浜のファンも感動!!
【松本】「昨日のラグビーのように…」。金星を逃がした反町監督から感じ取れた本音は?
【松本】立正大淞南の天才パサー・山田真夏斗の来季加入内定を発表!「ここからがスタート」力強く意気込む
松本、起死回生のAT弾で劇的ドロー。追いつかれた広島は、ポストとクロスバーに嫌われ勝点2を逃す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ