【釜本邦茂】球際は高校生と大人の戦い…ベネズエラ戦は惨敗も“兼任限界”論は時期尚早だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月20日

ベネズエラ戦では二つの大きな違いがあった

果敢にドリブルで仕掛けた中島だが、ベネズエラの屈強な守備にボールを奪われる場面も目立った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップの日本対ベネズエラ戦は1-4のスコアで文字通り惨敗といった内容だった。私もスタジアムで直接日本代表の戦いぶりを見てきたが、大きくふたつの面で違いを感じたよ。

 ひとつはフィジカルの違いだ。スタメンの平均身長こそ、両チームともほとんど変わらなかったけど、まるで高校生と大人が試合をしているようで球際での争いはベネズエラが本当に強かった。もちろんゴールシーンでも違いが顕著だった。1点目のヘディングシュートや3点目のクロスに対する競り合い。高さもそうだけど、相手より早く落下点に入って有利な体勢でボールを捉えようとする巧みさもあった。


 それからもうひとつはパスをしたら、もう一度ボールを受けるために動くという基本的なプレーがどの選手もしっかりできていたということ。日本の選手は足もとに付ける技術はあるけど、その後の動きがないからテンポが一定にしかならない。ベネズエラのほうは多くの選手がキレのある動きで、ワンツーや3人目の動きで仕掛けたり、素早くサポートに入ったりして日本の守備を翻弄していた。

 一方の日本は、吉田や長友、酒井らが抜けて、ディフェンスラインの選手たちの経験不足が如実に表われてしまったね。まだまだ欧州組と国内組との違いが大きいということが明らかになった。守備陣だけの問題ではなく、失点した後にどうやって立て直すべきか、チームを引っ張っていくリーダー的な存在もピッチの中にいるようには感じられなかった。


 当然、ゲームの組み立てやゴールまで30メートルのアタッキングエリアを攻略する面でも同じことが言えるよ。早急にチーム全体の底上げをやっていかないと、怪我人が数人出ただけでチームのバランスは失われてしまうだろうね。

 後半は日本も反撃に出て1点を返す展開にはなったけど、もう相手も背後にスペースを作るような無理な攻撃はしなくなっていたからね。テストマッチとしても、もう少し前半の45分で意義のある内容にしてほしかったよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ