惨敗でも…古橋亨梧が代表デビュー戦で掴んだ手応え。神戸のチームメイト山口蛍からも

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月19日

「またここに来て、いろんな選手とプレーできるように」

後半から出場し、代表デビューを果たした古橋。貴重な経験を積んだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は11月19日、キリンチャレンジカップでベネズエラ代表と対戦。1-4と結果は惨敗だったが、この日代表デビューを飾った古橋亨梧にとっては、貴重な経験の場となった。

 後半の頭からピッチに立った古橋は、試合終了の笛が鳴るまで果敢にゴールを狙った。

「ゴール前で何本かボールを引き出せた。通らなかったものもありましたけど、通ったものもありましたし、そこは良かったかなと思う」

 ボールを受けられない時間帯もあったが、それでも、持ち前の鋭い抜け出しを国際舞台で示した。

 48分にピッチ中央でボールを受けるとゴール前までドリブルで運び、早速チャンスを演出。さらに56分には左足のボレーシュートでゴールを狙い、88分には中島翔哉のクロスにヘディングで合わせて、決定機を作った。

 ノーゴールに終わったものの、得られた手応えは小さくない。「まだまだ課題はありますけど、デビュー戦にしては、チャンスは引き出せたと思うし、流れも変えられたと思うので、ポジティブに考えていいかなと思います」と、前向きに捉えている。
 
 神戸のチームメイトでもある山口蛍はいう。

「みんなが期待しているとおり、それだけの能力がある選手だと思う。これからも神戸でそういうプレーを見せてくれれば、ずっと代表に呼ばれる選手になれるはず。初出場でも、そんなに気負いし過ぎることなく、堂々としていたんじゃないかなと思います」

 そんな“先輩”のコメントからも、好感触だったことがうかがえる。

 同僚も称賛するデビュー戦を終えて、古橋が強く感じているのは、向上心だ。

「またここに来て、いろんな選手とプレーできるように、チームに帰って頑張りたいです」

 このデビュー戦は、ゴールではなくスタートだ。大きな一歩を踏み出した24歳のアタッカーは、再び代表のピッチに立つために、さらなる進化へ邁進する決意だ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ