JFAとベネズエラ連盟がパートナーシップ締結!ベネズエラ連盟会長が語った、日本から学びたい“ふたつのポイント”

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月19日

両国でサッカーがナンバーワンのスポーツになれるように

日本サッカー協会の田嶋会長(右)とベネズエラサッカー連盟のゴンサレス会長(左)。調印式で互いの想いを語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本サッカー協会とベネズエラサッカー連盟は11月19日、キリンチャレンジカップのキックオフを先立ち、パートナーシップ協定を締結した。

 これは、各年代代表チームの親善試合および交流、女子サッカーの交流、指導者の交流を狙いとするもので、期間は2019年11月19日(調印日)から1年間(最長5年)となる。

「ベネズエラは日本と同じように野球が盛んな国ではありますが、サッカー人口がどんどん増えているというふうに聞いております。強豪ひしめく南米のなかで素晴らしいチームへと育っているのも事実です。8か月後には東京五輪が控えていて、2022年にアジアのカタールでワールドカップが開催されます。この協定によって両国の関係がさらに強固になり、両国のサッカーの発展、またサッカーを通じた国際親善に寄与できるものと確信しています」

 そう話す日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、さらに「ベネズエラはユース年代が力をつけている。特にユース年代や女子サッカーとの交流をしていきたい」と、狙いを語る。

 一方のベネズエラサッカー連盟のラウレアーノ・ゴンサレス会長は、特に「規律あるプレーと速いタッチ」を日本サッカーから学びたいという。「このパートナーシップには非常に期待を持っています。サッカーに関わるすべてのアクティビティにおいて、共同関係を成長させていき、日本およびベネズエラでサッカーがナンバーワンのスポーツになれるように協力を深めていきたい」と希望を述べた。

 このパートナーシップ契約が、双方の代表チームにとって、来年の東京五輪、2022年のカタール・ワールドカップに向けた強化の足掛かりになりそうだ。
 
 日本が現在パートナーシップを締結している、その他の協会、連盟、クラブは以下のとおり。

【アジア】
東地域:チャイニーズ・タイペイ、香港、モンゴル
東南地域:インドネシア、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア
中央地域:イラン、ウズベキスタン
西地域:アラブ首長国連邦、オマーン、カタール、ヨルダン

【ヨーロッパ】
イングランド、スペイン、デンマーク、ドイツ、フランス、ベルギー、ロシア
バイエルン・ミュンヘン

【南米】
南米サッカー連盟、パラグアイ

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本×ベネズエラを彩った美女サポーターたち!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ