11戦連続スタメンの岡崎慎司、3試合ぶりのゴールならず…上位対決に敗れたウエスカは暫定3位に転落

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月16日

2位と4位の上位対決

フエンラブラダ戦で先発出場した岡崎。3試合ぶりのゴールは奪えなかった。 (C) Rafa HUERTA

画像を見る

 スペインのラ・リーガ2部は11月16日に第16節が行なわれ、岡崎慎司の所属する2位ウエスカは、敵地で4位フエンラブラダとの上位対決に臨んだ。11戦連続スタメンの岡崎は、いつも通り4-3-3のCFに入った。

 序盤は押し込んだウエスカだが、このチャンスを逃すと、12分にCKからあっさりと先制を許す。35分には、崩しの急先鋒のひとりであるラバが負傷交代。その直後に右サイドからのクロスに岡崎がヘッドで合わせたものの、GKの正面を突いた。このまま1点ビハインドで前半を終える。

 後半に入って53分には、左サイドを崩され、送り込まれたクロスをCBのジョスエ・サがオウンゴール。手痛い追加点を奪われる。
 
 これで目が覚めたのか、ウエスカがようやく反撃を開始。その3分後、ラバに代わって入ったクリストがCKからゴールを奪い、1点を返す。

 このまま攻勢を強めたいところだったが、75分にカウンターから中央を崩されて失点を喫し、1―3と突き放される。ウエスカも、78分にクリストが持ち込んで思い切りのいいシュートでこの日2点目を奪ったが、あと1点及ばず……。フエンラブラダに抜かれ、暫定3位に転落した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
1部復帰を狙うウエスカの浮沈の鍵を握るサムライ――岡崎慎司はレスター時代と何が変わったのか?
「やっと来れたー」岡崎慎司が約束を果たし、念願の訪問! サムライ戦士とのド迫力“変顔”ツーショット披露でファン歓喜!
「アベのドリブルが良かった」バルサ安部裕葵の“トップデビュー”で思い出されるスペイン代表DFの言葉
シルバ獲得が取り沙汰される神戸のライバルは“貴公子”ベッカム!? 英紙が気になる動向をレポート
英メディアが「輝かしい日本のヤングタレント5人」を選出! 久保建英、堂安律らとともに、Jリーグから唯一選ばれたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ