「素晴らしい初弾だ」「自信に満ち溢れている」リーガ初ゴールの久保建英をスペイン紙が絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月11日

指揮官の祝福を受ける

待望の初ゴールを決めた久保を現地紙も称えた。(C)Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 日本の18歳の初ゴールを、スペインのメディアも大きく扱っている。

 11月10日に行なわれたラ・リーガ第13節のビジャレアル戦で、久保建英がついにやってのけた。

 2試合連続スタメンとなった日本代表MFは、2-1と1点をリードして迎えた53分、ペナルティーエリアの外でアレイシ・フェバスからパスを受けると、左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドのネットに突き刺し、リーガ初ゴールを決めてみせた。

 出場10試合目にして決めた待望の一撃は、森本貴幸(カターニャ)を抜く4大リーグにおける日本人の最年少得点記録。前半にも華麗な2人抜きでPKを奪取するなど、全3得点に絡んだ日本の若武者を、スペイン紙も称えている。

 マドリードに拠点を置く『AS』紙は、「レアル・マドリーからローン中のタケフサ・クボが素晴らしい初弾を決めた」としてこう綴った。

「18歳のクボは、ペナルティーエリアぎりぎりで緩いボールを受け、ワンタッチでコントロールすると、セルジオ・アセンホの伸ばした手が届かない、強烈な左足ショットを突き刺した。レアル・マドリーからレンタルされている彼が、10試合目の出場で(マジョルカの)島民にその存在を知らしめる印象的な一発だった」
 
 さらに、記事はこう続けている。

「まだ若いにもかかわらず、クボは自信に満ち溢れていて、(本拠地の)ソン・モイスでビジャレアルにあらゆる問題を引き起こした。66分に交代した時には、ホームの観衆から拍手が送られた。この才能のあるティーンエージャーにとって、忘れられない日になるだろう」

 待望の初ゴールで歴史に名を刻んだ久保。今後のパフォーマンスから、ますます目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】オフショットも満載! スペインで躍動する久保建英の厳選写真を一挙公開

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ