【セルジオ越後の天国と地獄】ベストイレブンにはもっとリーグ順位が加味されるべきだ

カテゴリ:特集

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年12月18日

アウォーズの各賞に代表であるかどうかは、あまり関係ないのでは?

ベストイレブンは年間のリーグ戦の成果を問うもの。代表かどうかではなく、リーグの順位を考慮すべき。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

『週刊サッカーダイジェスト』の人気コーナー「セルジオ越後の天国と地獄」をサッカーダイジェストWebで公開中!
 
※週刊サッカーダイジェスト12.30号(12月16日発売号)より
 
――◆――◆――
 
 今シーズンのJリーグを締めくくる祭典、Jリーグアウォーズが12月9日に行なわれ、優勝したガンバの遠藤がMVPに輝いた。
 
 これまで何度もベストイレブンに選ばれてきた遠藤だけど、MVPを受賞するのは初めてのこと。しかも、34歳での初受賞。昨シーズン、35歳でMVPに輝いた中村俊輔と同じく、サッカーに年齢は関係がないことを改めて証明したね。
 
 ただし、これは、若く、イキのいいスター選手がJリーグにいなくなったことも意味しているよ。もちろん、日本代表クラスの選手が欧州のクラブに続々と移籍していることと無関係ではないけれど、かつて俊輔は22歳だった2000年にMVPに輝き、その2年後に海を渡った。まさに「Jリーグでやるべきことはすべてやった」という感じで旅立って行った。
 
 それに対して、今はJリーグでろくに結果を出していないのに、海外に行きたがる選手が多い。まるでヨーロッパでプレーしさえすれば、上手くなれると勘違いしているとしか思えないよ。しかも、だいたいそういう選手は結果を出せずにJリーグに舞い戻っている。
 
 遠藤や俊輔に拍手を送る一方で、来シーズンはもっと旬な選手がJリーグを盛り上げて、MVPに輝くことを期待したい。
 
 そしてもうひとつ、気になったのは、9位のFC東京からベストイレブンに3人も選ばれていることだ。
 
 ベストイレブンがどんな仕組みで選ばれているのか、表彰概要を見てみると、J1の監督、選手による投票結果を基に、チェアマンがまず「優秀選手」を選出。その中から活躍が顕著だった11名=「ベストイレブン」を選考委員会が決定する、という流れのようだ。
 
 選考委員会は、チェアマン、専務理事、常務理事2名、J1各クラブの実行委員18人の22人によって構成されているんだけど、彼らは、日本代表の肩書きに左右されすぎていないだろうか。
 
 もちろん、武藤、太田、森重の3人が良い選手なのは間違いない。彼らが日本代表に選出されることに文句もない。
 
 でも、Jリーグアウォーズのベストイレブンは、その年の“リーグ”のベストイレブンを選ぶわけだから、チームの順位がもっと加味されて然るべきだろう。その判断に、日本代表に選ばれているかどうかは関係ない。日本代表というのは、言ってみれば、代表監督の好みに大きく左右されるものだから。
 
 彼らだけじゃない。昨年、サンフレッチェのリーグ連覇に大きく貢献した塩谷は、残念ながらベストイレブンに選ばれなかった。でも今年、日本代表に選ばれるようになった途端にベストイレブンに選出された。サンフレッチェは8位で終わったというのにね。
 
 2年前にも、ガンバが降格したのに、遠藤がベストイレブンに選出されたことがあったよね。当の遠藤も困惑した表情を浮かべていた。
 
 今年に関して言えば、2位のレッズや3位のアントラーズから、もうひとりずつぐらい選ばれても良かったと僕は思う。
 
 日本代表かどうかでベストイレブンを選出するのは、各クラブが34試合戦ってきた価値を自ら落とすことにつながるのではないだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ