謎のロンドン行きに加えて中国移籍の噂も…。「ベイル関連」の質問攻めにジダン監督は――

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年11月01日

14あった質問のうち11がベイルに関するもの

代表期間中に負った怪我の内容を一切発表していないベイル。そのためさまざまな憶測を呼び……。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガ11節のレガネス戦で、5-0の大勝を飾ったレアル・マドリーだが、この試合の前まで、地元メディアの興味はあるひとりの選手に集約されていた。

 直近の2試合(ラ・リーガ9節のマジョルカ戦とチャンピオンズ・リーグ3節のガラタサライ戦)を怪我のため欠場していたガレス・ベイルだ。

 実際、ジネディーヌ・ジダン監督が出席したレガネス戦の前日会見でも、14あったスペイン語での質問のうち、11がベイル関連だったという。

 英紙『TELEGRAPH』のインタビューで、「サッカーをするためのモチベーションを維持するのが難しくなっている」とコメントしたベイルは今週月曜、故障離脱中にもかかわらずロンドンで目撃されており、質問の大半はその報道に関するものだった。

 ジダン監督は、「クラブの許可を得たうえで、個人的な理由でロンドンに行った」ことを強調。「彼はマドリーで努力をしている。ただ、試合に出られる状態ではないから、いまはここにいない。それだけのことだ。マドリー残留を決めたのは彼がそれを望んだから。重要なのは100%の状態のときにわれわれが知っているプレーを見せ、チームのために貢献してくれることだ」とコメントしている。

 ただ、このロンドン行きについては、「クラブの許可を得て」とする指揮官に対し、クラブは「監督のジダンが許可を与えた」と主張。さらにクラブ側は、「月曜に練習場でトレーニングを行なってからロンドンに向かった」との情報をリークしたが、のちに朝9時にロンドンに出発したことが明らかになり、これが誤った情報であったことが判明している。

 これまでもベイルは負傷を繰り返し、そのたびにさまざまな憶測を呼んできたが、今回はこのタイミングでそのベイルに中国行きの噂が再浮上。江蘇蘇寧がふたたび獲得に興味を示し始めているとの報道が出ている。

 戦力外から一転、ピッチの上で結果を残し、ふたたびマドリーにとって不可欠な選手になりつつあったベイルだが、また「かつての彼」に戻ってしまうのか。一説には、クラブ・ブルージュ戦(CL2節)で招集外となったことに本人が腹を立てているとも言われるが、はたして……。目の離せない日々は、まだまだ続きそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ