放火で服役中の元バイエルンDFが仮釈放、ブラジル帰国へ――

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年12月15日

ここ数か月は刑務所と練習場の往復という日々を送っていた。

画像を見る

2年前の有罪判決の際には「私は悪い人間だった」と、反省と謝罪の言葉を口にしたブレーノに対し、バイエルンは「サッカー選手としてのキャリアを継続できるようサポートする」との声明を出していた。下の写真は全焼した自宅。家族は外出中で、ブレーノ自身が煙を吸い込んで病院へ搬送された。 (C) Getty Images

画像を見る

 テクニカルかつ高い戦術眼を持つCBとして、ミドルティーンにしてサンパウロで脚光を浴び、2007-08シーズンにはバイエルンに移籍したブラジル人のブレーノは、11年9月に自宅に放火した罪で3年9か月の実刑判決を受け、12年より服役していた。
 
 泥酔しての犯行だったが、これに対してバイエルンは服役中もブレーノにユースチームのコーチという役職を与え、最近は刑務所と練習場の往復という日々を送っていたという。
 
 そしてこのたびドイツの裁判所は、模範囚としてブレーノの仮釈放を決定。ブレーノは12月20日までにブラジルへ帰国し、最低3年間はドイツには入国できない。
 
 今後について、ブレーノはサンパウロで選手としてのキャリアを再開したいという意向を持っているようだ。
 
 この25歳の犯行については、若いうちに期待を受けて名門クラブ入りを果たすも、そこから伸び悩んで出場機会にも恵まれず、精神的に病んでいたということも一因であるといわれている。
 
 期待と注目を集めるがゆえに、プレッシャーから精神を蝕まれるケースは過去に多く存在し、ドイツの創造的なMFだったセバスティアン・ダイスラーが鬱病を発症して27歳の若さで引退したのは有名だ。同国では代表GKのロベルト・エンケも鬱病のため、09年に自ら線路に身を投げて命を絶つという悲劇も起こっている。
 
 一方、スペイン代表だったDFイバン・カンポは、98年にマジョルカから名門レアル・マドリー入りというサクセスストーリーを実現するも、プレッシャーや周囲からの厳しい視線や意見によってノイローゼとなった。彼の場合、新天地に選んだプレミアのボルトンでは伸び伸びとプレーし、ボランチとして新境地を切り拓くなど、見事に病を克服している。
 
 冒頭のブレーノについては、精神的に追い込まれることと、他者を傷付けたり、犯罪に走ることは全く別のものとして考えるべきだ。ただ、選手が過酷な環境に身を置いているのは事実である。得るものが多い一方で、それ以上に多くのものを失うリスクに、ピッチの上の人間たちは晒されているのだ。
 
【関連記事】
注目カードが目白押し!! チャンピオンズ・リーグのラウンド16の対戦カードが決定
CLグループステージの主役を張ったレアル・マドリー&バイエルンの今後は!?
バルセロナも容認へ モントーヤが1月の移籍を決断、ユベントスがアプローチ
【移籍市場超速報】新たな正守護神に チェフを狙うローマの本気
亡き先達、同胞、肉親に偉大な勲章を捧げたイブラヒモビッチ
噛みつき男の汚名返上なるか!? クラシコでのデビューを目前に控えたスアレス

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ