ウォーリーならぬ「エジルを探せ」。構想外の名手をいじった英漫画家のイラストが話題!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月30日

リーグ戦でプレーしたのは71分のみ

エメリ監督の構想外となっている名手エジル。その去就が注目されている。(C)Getty Images

画像を見る

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、ウナイ・エメリ監督の構想外に近い状態となっている。

 実際、今シーズンのプレミアリーグでピッチに立ったのは1試合のみ(71分)。そのほかリーグカップで1試合に出場したのみで、若手を多く起用しているヨーロッパリーグでも出番が与えられていない。

 当然、冬の移籍市場での退団が取り沙汰されているものの、本人は「21年までの契約を全うしたい」とコメントしており、現在のところ残留する意向のようだ。

 そんな元ドイツ代表MFを風刺したイラストが話題となっている。
 
 英国人の漫画家デイビッド・スクワイアズ氏が英紙『The Guardian』に掲載したのが、「メストはどこだ?」と題された作品だ。

 そこにはマテオ・ゲンドゥジやダビド・ルイス、エメリ監督など現在アーセナルに在籍している面々のほか、アイスホッケープレーヤーのいでたちをしたペトル・チェフ、やたらとでかいペア・メルテザッカー、ビーチに横たわるアーセン・ヴェンゲル前監督など、退団した選手、監督、コーチなどガナーズの関係者が特徴的に描かれている。

 有名な『ウォーリーを探せ』を想起させるその一枚に、もちろんエジルも描かれているのだが、なんとも控えめで目立たない。そして、その手に掲げられているのは……。

 あなたはすぐに見つけられるだろうか?

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ここが僕のホームだ」移籍の噂が絶えないエジル、アーセナル残留を強調!サポーターの反応は…
「リーダーシップの欠片もない」「なぜキャプテンに選ばれた?」ファンにブチギレたアーセナル主将に非難の嵐!
「ありえないスピード」で夢を叶え続けるエムバペ。バロンドール受賞はいつ?
ブラジル4部から一気に飛躍! アーセナルが引き抜いた18歳の“隠れた俊英”/マルチネッリ【プレミア逸材名鑑】
「人生の一部でなければいけない」名将ヴェンゲルの専用スタジアム建設へのススメ! 日本サッカーへの提言に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ