「完璧です!」川崎GK新井章太が決めた“歓喜のトライ”をラグビー日本代表の名手が絶賛!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月28日

咄嗟の思いつきで披露も、これが大きな話題に

歓喜の雄叫びを上げる新井(左)。日本代表のSH流(右)から思いがけず“トライ”を称えられた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本中を熱狂の渦に巻き込んだジェイミージャパンの名手も、話題の“トライ”に賛辞を贈った。

 土曜日に行なわれたルヴァンカップ決勝、川崎フロンターレ対北海道コンサドーレ札幌の一戦は、Jリーグ史に残る壮絶な撃ち合いとなった。3-3のスコアのまま延長戦でも決着が付かず、ついにPK戦に突入。そこで奮迅の活躍を見せたのが、川崎の守護神・新井章太だ。

 すでに1本を止め、札幌6番目のキッカーである進藤亮佑のショットも見事にキャッチ。この瞬間、5度目のファイナルにして川崎の初優勝が決まった。歓喜を爆発させた新井はボールを抱えたまま60メートル近くを独走し、ハーフウェイライン付近でまさかのトライ! ラグビーワールドカップを連日テレビ観戦していてはまり、咄嗟に思いついたという。

 客席から撮影されたこのときの動画がSNS上で拡散し、大きな反響を呼んだ。ワールドカップ公式ツイッターもリツイートして反応し、「ラグビー界に衝撃。期待の新星現る。新井選手ナイストライ」との文章を添えて紹介。すぐさま新井自身が、「ありがとうございます。すごい刺激になってます!! 毎試合前にラグビーでモチベーション上げてます」とリプライするなど、大いに盛り上がっている。

 
 そんななか、ブレイブブロッサムズ(ラグビー日本代表の愛称)でスクラムハーフのレギュラーを務めた流大(ながれ・ゆたか)も自身の公式ツイッターで取り上げた。同じ投稿をリツイートし、泣き笑いの絵文字を添えて「最後右手にボールを持ち変えてるとこも完璧」と綴ったのだ。

 言わば、ラグビーのプロから技術的なお墨付きまでもらった新井。今度はJ1リーグの舞台で、切れのあるラグビー・パフォーマンスを披露するか!?

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ