【G大阪】「人生最大のスランプ」を脱した今野泰幸 三冠へ、油断は一切なし!

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年12月12日

「魂を込めてプレーしてくる相手に勝つのは相当難しい」

序盤戦の不調を払拭した今野。J1昇格で勢いに乗る相手に対し、警戒感を口にしている。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 重圧から解き放たれた今野は、三冠を懸けた一戦へ向け、待ちきれないような笑顔を見せた。
「楽しみでしょうがない。今はプレッシャーより楽しみが大きい。そういう時は、いいプレーができるんですよ。やっぱりサッカーは楽しまないと」
 
 シーズン序盤、本人が「人生最大のスランプ」と語る不振に陥った。ワールドカップではスタメン落ちを経験し、世界との差も痛感した。
 
 しかし後半戦、ボランチとして完全復活。躍動感の戻ったこの男が、リーグ、ナビスコカップ優勝の立役者であることは間違いない。
 
 自身も復活の理由には首をひねる。
「本当に分からないんです。でも強く感じたのは、サッカーはひとりではできないということ」。これまではチームが苦しい時、「ひとりで守れる選手を目指していた」と言う。
 
 しかし今は違う。
「組織って大事だなって、長谷川監督に気づかされました。ひとりじゃ何もできない。ちょっとしたポジショニングを、一人ひとりがしっかりやれば守れる。今はそれを強く意識しています」
 
 身体能力と鋭い読みを活かしたボール奪取が今野の持ち味だが、加えてスペースを埋めるポジショニングを徹底する意識は高くなった。攻撃面でも「止まることの大切さは学んだ。今までは調子が悪い時ほど、何かをしなくちゃって動いてしまっていたけど。俺が止まって、そこにいるだけで、ボールの回りが良くなることもあるんです。たぶんヤットさんはずっと前から気づいていたことなんだけどね」と語る。
 
 遠藤という国内屈指の司令塔の横でプレーを続けることで、チーム全体のバランスを見ながら攻撃を組み立てる術も吸収し、『守備の人』から脱皮しようとしている。
 
 自身の好調に加え、チーム状態にも大きな手応えを感じている。それでも油断は一切ない。
「負けない自信はある。でも昇格プレーオフを見たけど、山形は魂を込めてプレーしてくる。ああいう相手に勝つのは相当難しい作業になる」
 
 三冠を獲得することで、ジェットコースターのように昇降を繰り返した2014年を、最高の形で締めくくるつもりだ。

【写真で振り返る】J1最終節のドラマ――2014.12.06
【関連記事】
今季最後のタイトルを勝ち取るのは?――天皇杯決勝「G大阪 vs 山形」を5つのポイントから展望
【Jリーグアウォーズ】リーグMVPに遠藤、ベスト11には宇佐美、武藤、柴崎らが選出される!
【J1コラム】大混戦の優勝争いに見る「戦国Jリーグ」の現在地とは――
【2014 J1|34節】週刊サッカーダイジェストによる今節の寸評・採点
【考察・宇佐美貴史】武藤嘉紀との比較から見えた強みと課題

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ