「完全なる中国キラー!」「大いに学ぶべし」広州恒大を撃破した浦和レッズを中国メディアが褒めちぎる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月24日

およそ1億円の勝利ボーナスが懸かっていたとも

興梠のこの圧巻ヘッドで勝負あり! 浦和は今季ACLで中国勢を相手に6戦無敗を貫いた。(C)Getty Images

画像を見る

 浦和レッズの鮮やかな“3-0”勝利に、中国メディアも脱帽だ。

 現地水曜日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ準決勝、広州恒大(中国)戦の第2レグ。ホームでの第1レグを2-0でモノにしていた浦和は、終始攻め込まれる展開もGK西川周作を軸に粘り強く弾き返し、50分にエース興梠慎三が値千金のヘッダーを決める。2戦合計3-0として俄然優位に試合を進め、その後の広州恒大の猛攻も見事にシャットアウト。2年ぶりのファイナル進出を手繰り寄せた。

 この一戦を大々的に報じたのが、中国の全国スポーツ紙『新浪体育』だ。広州恒大の詰めの甘さを指摘しつつも、浦和の試合巧者ぶり、攻守両面における高い連動性を絶賛した。

「もはや浦和は、完全なる中国キラーだと褒めるほかない。今季のACLを通して、中国勢は6試合を戦ってひとつも浦和に勝てなかった。北京国安が1分け1敗、上海上港が2分け、そして広州恒大が2敗という有り様。彼らは言わばスーパーリーグのビッグ3である。なんとも情けない限りだ。

 浦和はJ1リーグで残留争いの最中にあるが、ACLにはめっぽう強い。とりわけ決勝トーナメントLでの勝ち方を熟知しており、180分間でいかに振る舞うべきか、ホームゲームでのアドバンテージをどう活かすべきかをよく心得ている。広州恒大は過去にACLのノックアウトラウンドで日本勢に負けたことはなかったが、そんなジンクスなど浦和にはまるで通じなかった。

 彼らはトータルスコアをしっかりと把握しながら冷静に戦況を見定め、チーム全体が有機的に動き、ミッションを達成してみせた。中国勢は浦和から大いに学べるだろう。そして来季こそは我々が、アジアのトップに返り咲かなければならない」

 
 広州恒大の選手たちは浦和を破ってファイナル行きを決めれば、総額100万ドル(約1億900万円)のボーナスを手にしていたという。最後に同紙は「それがむしろ選手個々の焦りを助長し、プレー精度を狂わせたか。浦和は淡々と時間を費やして、ペースを崩すことがなかった」と論じている。

 さあ、アジアの頂点まであとひとつ! 決勝の相手は2年前と同じ、サウジアラビアの名門アル・ヒラルだ。第1レグは11月9日にリャドで、第2レグは同24日に埼玉で開催される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ