膝の故障が伝えられた宮市亮、長期離脱は回避! 「トレーニングに復帰」と現地紙

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月24日

病院で精密検査を受けた結果…

これまでリーグ戦10試合にフル出場している宮市。 (C) Getty Images

画像を見る

 ドイツ2部ザンクト・パウリに所属する宮市亮は、長期の戦線離脱を免れたようだ。現地紙『Hamburger Morgenpost』が「22日のトレーニングに参加した」と伝えている。

 宮市は現地時間10月19日に行なわれた第10節のダルムシュタット戦で、膝を負傷したと報じられた。試合後に本人が違和感を訴えて病院で精密検査を行なったが、診断結果は打撲だったとのこと。3日後のトレーニングに合流し、個別メニューをこなしたという。

 これまでに両ひざの前十字靭帯を断裂し、長期離脱を余儀なくされた経験のある宮市だけに「これまでを知っていれば、膝の故障と耳にすれば戦慄を覚えてしまう」(『Hamburger Morgenpost』紙)ところだ。今回はプレーも問題ないと診断されたが、万全を期するために、今後も定期的に経過観察を行なっていくという。

 同紙は「”ロケットマン”の長期離脱回避に、クラブも安堵のため息をついている」と伝えている。ここまで公式戦11試合に先発出場し、1ゴール・2アシストをマークしている宮市は、ヨス・ルフカイ監督からの信頼も厚い。

 27日にはハイデンハイムとのアウェーマッチが控えているが、この試合に間に合うかどうかは不明とのこと。だが、今季はスピードを活かしてサイドバックという新境地も開拓した宮市のダイナミックなプレーはチームに不可欠なだけに、早期復帰が望まれている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ