【三浦泰年の情熱地泰】現地の人も怖い!? ぜひ体感してほしいブラジルでのサッカー観戦

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月17日

帰国前の1週間で3試合を観戦。やはりサッカー観戦は欠かせない

パルメイラスのホーム、アリアンツ・パークを訪れた際に撮ったクラブ幹部との一枚。

画像を見る

 僕は海外へ出ると、試合観戦が好きで何処にでも試合観戦を楽しみに行く。
 
 今回、一時帰国を決めた。長時間のフライトを前に、ブラジルでしておきたい事は?
 
 そう自問自答すれば、シュハスコでもフェジョアーダでも観光でもない。やはり試合観戦であった。1週間でブラジレイロ・セリエAの試合を3試合観戦した。
 
 まずは聖地パカエンブー・スタジアム。
 
 読売クラブ入団2年目に遠征でプレーをしたことがあり、昔はビッグクラブがよく利用したものだが、最近は自クラブのスタジアムを使うことが多く、なかなか足を運ぶ機会も減っていた。そのパカエンブで、サンパウロFC vs.フォルトレイザを1人で観戦した。
 
 そしてその翌日、日曜にはパルメイラス vs.アトレチコ・ミネイロをアリアンツ・パークで観戦したが、この試合にはVIPとして招待され、領事館の仲間たちと良い時間を過ごさせてもらった。また、パルメイラスのオーナーや会長にも会い、挨拶もできた。
 
 そして帰国前日はコリンチャンスアリーナ、通称イタケレに、コリンチャンスvs.アトレチコ・パラナエンセを友人とふたりで観戦した。
 
アトレチコ・パラナエンセのサッカーは良い! ホームの“イタケレ”でコリンチャンスは2-2で引き分けてしまった……。
 
 そのイタケレことコリンチャンスアリーナは非常に見やすくて綺麗な、躍動感あるスタジアムなのだが、現地観戦は危ないというイメージがついている。
 
 基本的にサッカー観戦イコール危険なのだ……。それは日本から来た人だけがそう感じているのだと思っていたがそうではなく、ブラジルの人たちもそう言っているのである。
 
 理由を考えてみた。ひとつはサンパウロ州で一番サポーターが多いクラブであるということ。ブラジル国内ではリオのフラメンゴと並びサポーターが多く、過激だと言われている。タクシーやウーベル(Uber )、レストランやホテルのラウンジでも「何処のファンだ?」と聞けば「コリンチャーノ」と答える人が多い。大きなサポーター軍団を持つクラブでもあり、それはスタジアムでの暴れ具合も半端ではないのだ。
 
 もうひとつは、イタケレという場所だ。ファベーラといわれるスラムが近くにあり、治安が悪いと有名。ただ僕は一度も怖い思いをしたことはない。スタジアムの管理もスタジアムの警備もスタジアムの導線も日本以上にオーガナイズされている。
 
 ただサッカー観戦の感覚は違う。オペラを見に行く訳ではない。観に来る人たちは感情を表わして観戦する。応援歌(チャット)を合わせて歌いに来ているだけではない。その風景はやはりこちらに来て知ってほしい。僕も84年に初めて来た時はびっくりした。
 
 その様子に対して、『観戦が怖い』と言うのであれば、それは当たっているかもしれない(笑)。
 
 ただ慣れればそれも普通だ。何の憎しみも恨みもない。ただ汚い言葉を使って興奮しているだけ。だから是非、イタケレに来てほしい。
 
 また新しい人生観。何か今までにない心の鼓動を感じる事になると思う。と勧めるのも、何度か、何人かを誘って断られたからなのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ