「忘れられない」「君はいったい何歳だ…」C・ロナウド伝説のオーバーヘッド弾を“被害者”ブッフォンが回想!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月15日

ブッフォンの頭によぎったのは…

C・ロナウドが放った鮮烈な一撃をブッフォンが振り返った。 (C) Getty Images

画像を見る

 まさにスーパースターたる所以と言える強烈なショットだった。2017-18シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝第1レグで、当時レアル・マドリーに所属していたクリスチアーノ・ロナウドが、後に移籍することになるユベントスから奪った鮮烈なオーバーヘッド弾である。

 前シーズンのCL決勝と同じカードということもあり、注目を浴びていた一戦で、千両役者ぶりを見せつけたのが、C・ロナウドだった。開始3分に先制ゴールを叩き込んだナンバー7は、64分に鮮やかに“舞った”。柔らかいクロスをエリア内中央でオーバーヘッドであわせ、ゴール右隅へ突き刺したのだ。

 この準々決勝で強敵ユーベを打ち破ったマドリーは、そのままファイナルへと駆け上がり前人未踏のCL3連覇を達成。その偉業にC・ロナウドのオーバーヘッド弾が大きく寄与していたのは言うまでもない。

 当時ユベントスのゴールマウスを守っていたブッフォンは、何を思っていたのか? 現地時間10月13日、イタリア紙『Gazzetta dello sport』の主催するイベント「Trento Sports Festival」に出席した名手は、こう振り返った。

「私はあのゴールを受けたあと、25秒ぐらいフラストレーションを抱えていた。けど、ふと、我に返って、彼がやってのけたことがいかに素晴らしいかを考えていたんだ。本当に特別なゴールだったと思う。忘れることはできない」

 さらに41歳の守護神は、この時にC・ロナウドと交わしたやり取りを明かした。

「あのゴールを決められた後に私は彼に言ったんだ。『クリスチアーノ、君はいったい何歳なんだ?』ってね。そしたら彼は、『33歳だよ。悪くないでしょ?』って答えたんだ。二人して思わず笑ってしまったよ」

 C・ロナウドの放った忘れ難きオーバーヘッド弾は、名守護神の脳裏にしっかりと焼き付いているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ