【J2】首位の柏が水戸に黒星を喫して連敗!岐阜に勝利した山形が自動昇格圏の暫定2位に浮上!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月14日

柏は今季2度目の連敗

今季初出場で1G1Aを記録した水戸の浜崎。写真:滝川敏之

画像を見る

 J2リーグは、10月14日に各地で第36節の2試合を開催した。三協フロンテア柏スタジアムで行なわれた、J2首位の柏レイソルと、試合開始時には8位の水戸ホーリーホックの一戦は、3-2でアウェーの水戸が逆転勝利を収めた。

 トップを快走してきた柏だが、前節の横浜FC戦は、試合終了間際の失点で0-1と敗戦。対する水戸も2-0から大宮に逆転負けを喫したおり、ずるずると連敗は避けたい両チームが、前半から激しい攻防を繰り広げるシーソーゲームとなった。

 先手を取ったのは柏。15分、DFの染谷悠太が、CKからのこぼれ球に反応して、倒れ込みながらゴール左隅にシュートを決め、先制に成功する。

 一方の水戸も32分、DFの浜崎拓磨が敵陣深くからマイナスのボールを供給。ファーサイドからニアに走り込んだ木村祐志がゴール左にシュートを突き刺し、1-1の同点に追いつく。

 さらにその5分後、今季リーグ戦初出場の浜崎が、FKをニアサイドに蹴り込んでネットを揺らし、水戸が逆転に成功。浜崎はこれがJ初ゴールだった。

 しかし、前半終了間際の44分に柏が試合を振り出しに戻す。カウンターからジュニオール・サントスがペナルティエリア左からシュート。そのこぼれ球を逆サイドでフリーになっていたクリスティアーノが強烈な一撃でゴールに叩き込み、2-2で前半を終えた。

 後半は、水戸の村上昌謙、柏の中村航輔という両GKのファインセーブもあり、同点のままゲームは終盤に。迎えた76分、勝ち越し点を奪ったのは水戸だった。左サイドからのクロスを清水慎太郎がボレーで叩き、3-2とリードする。

 柏の終盤の猛攻をしのぎ切った水戸が、このまま勝利。J2通算250勝目を達成し、連敗を2で止めた。一方、柏は今季2度目の連敗となった。

 また同時刻に、NDソフトスタジアム山形で開催された4位のモンテディオ山形対最下位のFC岐阜との一戦は、2-0で前者が勝利した。

 先制点を奪ったのは9分だった。右WBで出場したMF柳貴博がドリブルでカットイン。ペナルティエリア手前から左足で放ったシュートは、GKの手を弾いてそのままゴールマウスに吸い込まれ、1-0と幸先良く先制する。

 その後も攻め続ける山形は、84分に井出遥也がドリブルで持ち込み、右足でシュート。これが貴重な追加点となり、2-0と突き放す。終盤も岐阜の攻撃を撥ね返し、完封勝ちを収めた。

 この結果、柏は1位をキープしているものの、勝点69で足踏み。水戸は60ポイントに乗せ、暫定ながら昇格プレーオフ圏内の5位に浮上した。

 また山形は勝点64とし、今節の試合が行なわれていない2位大宮、3位横浜FCを抜いて暫定ながら2位に浮上。岐阜は勝点を積み上げられず最下位のままとなっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ