さらなる進化を遂げた32歳!! 大久保嘉人がJ1得点王の座を守りきった

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年12月09日

プレッシャーとマークに晒されながら成し遂げた史上初の偉業。

Jリーグ史上初の偉業を成し遂げた大久保。さらにマークがきつくなる来季、どのような職人芸を見せてくれるか、早くも期待は高まる。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 雪で順延となっていた最終節の残り1試合、新潟対柏戦(2-0で柏の勝利)が8日に行なわれ、ついに2014年のJリーグは全日程を終了した。
 
 これにより、今季のJ1得点王は18点を挙げた大久保嘉人が2年連続で戴冠。2度目の得点王は、中山雅史(1998、2000)、前田遼一(09、10)、ジョシュア・ケネディ(10、11)に続く4人目で、2年連続は前田、ケネディに続く3人目、そして単独での2年連続は史上初である。
 
 昨季は川崎加入1年目で得点王となり、「この賞に恥じないよう、これからも頑張りたい」と語っていた大久保。今季はワールドカップに臨む日本代表の切り札的存在として注目を浴びるなど、例年以上にプレッシャーと相手のマークに晒されたが、そんななかで史上初の偉業を成し遂げたのは見事と言う他ない。
 
「ワールドカップ後になかなか調子が上がらない時期もあり、そういう状況のなかで得点王になることは大きい。うれしいし、ホッとした」と、大久保は最終節終了後、クラブの公式HPにコメントを残している。
 
 93年のラモン・ディアス(当時横浜マリノス)から始まったJリーグ得点王の系譜。これを引き継ぎ、2年連続で日本サッカー最高のストライカーの称号を手に入れた大久保は、32歳にしてさらに進化を遂げており、来季の変わらぬ活躍を誓っている。
 
【写真で振り返る】Jリーグ歴代得点王(1993~)
 
2014得点ランキング十傑
1位 大久保嘉人(川崎) 18点
2位 豊田陽平(鳥栖) 15点
3位 マルキーニョス(神戸) 14点
4位 武藤嘉紀(FC東京)、ペドロ・ジュニオール(神戸)、ノヴァコヴィッチ(清水) 13点
7位 興梠慎三(浦和)、小林悠(川崎)、永井謙佑(名古屋) 12点
10位 レアンドロ(柏)、佐藤寿人(広島)、エドゥー(FC東京) 11点

得点ランキングでは、一昨季は2位、昨季は4位、そして今季は再び2位へ浮上。上位の常連となった豊田は、来季こそ得点王の座を奪い取りたい。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ