【大宮】「今でも信じたくないが…。またJ1で」生え抜きの金澤慎が早期復帰を誓う

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年12月07日

気持ちが整理できていないなかでも心に誓った思い。

残留の望みを賭けたC大阪戦で先制ゴールを決めた金澤。しかし、あと一歩及ばなかった。(C) SOCCERDIGEST

画像を見る

 C大阪とのゲームが終了しても、金澤慎は自分たちの立場を理解できていなかった。
 
 16位の大宮がJ1に残留するには、ふたつの条件があった。大宮がC大阪に勝利し、勝点で並ぶ清水が甲府に敗れることである。
 
 同時刻に開催されている清水対甲府の結果を、大宮の選手たちは知らされていなかった。目の前の試合に集中するためという、チームスタッフの判断だった。
 
 21分に先制点をあげた金澤は、勝利の立役者としてテレビのヒーローインタビューに呼ばれた。リポーターの女性に「清水はどうなったんですか?」と尋ね、引き分けたに終わったことを告げられると、31歳のベテランは声を詰まらせた。
 
「ちょっとまだ、実感が沸かないというか……今日はみんな、気持ちを込めて戦った。応援してくれたファン・サポーターの皆さんに、本当に申し訳ないです」
 
 2002年にクラブ初のユース出身選手として、金澤は大宮とプロ契約をかわした。加入3年目の04年にはJ1昇格に貢献し、その後は残留に力を注いできた。東京Vへ期限付き移籍した06年と07年を除く11シーズンを、金澤は大宮で過ごしている。チームへの思いは、誰よりも強いと言っていい。
 
 得点を挙げた瞬間は、2年前のリーグ33節が脳裏を過った。自らの先制弾などで磐田を下し、ホーム最終戦でJ1残留を決めた一戦である。
 
 後半開始直後にはムルジャが追加点をあげ、大宮はC大阪を2-0で下した。2年目の磐田戦と同じスコアだった。
「もしかしたら今回も残留できるのでは、という気持ちでプレーしていたんですが……。降格が決まったとすぐには理解できなかったですし、今でも信じたくないですけれど、いろいろなことが重なってこういう結果になったと思うので、しっかり現実を受け止めてどうやったら結果が出るのかを考えていきたい」
 
 気持ちが整理できないなかでも、心に誓う思いがある。
「またJ1でやりたい。1年で復帰できるように、チームのためにベストを尽くします」

昇格10年目のJ1で、J2降格の試練を味わうこととなった大宮。試合後は、各選手から早期のJ1復帰を決意する声が聞かれた。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ