「予想外でした」SB酒井宏樹が2得点に絡む活躍!! 後輩の初ゴールを祝福するコメントも

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年10月11日

56分には“幻のゴール”も繰り出した

56分、酒井の右頬に当たったボールがゴールネットを揺らしたように見えたが、遠藤のゴールとして記録された。写真:金子拓弥(本誌写真部)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 6-0 モンゴル/10月10日/埼玉スタジアム

 2022年カタール・ワールドカップのアジア2次予選、日本代表対モンゴル代表が10月10日に行なわれ、6ー0で日本が大勝を収めた。

 9月10日のミャンマー戦に続いて、酒井宏樹が右SBで先発出場。6得点のうち2得点に絡む好プレーで、チームの勝利に貢献した。

 序盤から相手陣内への果敢な駆け上がりなどで右サイドの攻撃を活性化させていた酒井は、「けっこう(右サイドが)空いていたので」と、積極的に前へ攻め上がりに行ったという。

 ミャンマーの布陣が[4ー1ー4ー1]で相手のサイドハーフとの激しいマッチアップが予想されたが、始まってみると[4ー3ー2ー1]のシステムに。
「マンツーマンになると思っていたので、予想外でした。かなり自分のところにスペースがあったので、割とやりやすくできました」

 そう話すように、日本の先制点となった22分の南野拓実のヘディングシュートでは、右サイドで酒井が起点となり、右サイドハーフの伊東純也へ縦パスを送り、そこから得点が生まれた。

【日本代表PHOTO】日本6-0モンゴル|長友佑都の代表10年ぶり弾など大量4ゴール!モンゴルを終始圧倒しアジア2次予選2連勝!
 また、56分には自身が得点を決めるチャンスも。左CKで中島翔哉がゴール前へ蹴り上げたボールが酒井の顔面に直撃し、ゴールネットへ……行ったようにも見えたが、これは遠藤航のヘディングシュートとして5得点目がカウントされた。

 試合後、惜しくも幻のゴールとなってしまったことを報道陣に問われると、
「航、初ゴールですよね!」と、後輩の代表初ゴールの記念弾を祝福する優しさをみせる場面も。

 酒井は直後の57分に安西幸輝との交代でピッチを後に。
 試合中に古傷の右足首をねん挫し、「酷くならないうちに」と大事を取って自ら交代を申し出たそうだが、「大丈夫です。もう何試合もやっているので」と容態の無事を報告した。


構成●サッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ